ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 唐沢寿明主演『ハラスメントゲーム』がSPで復活「予想外の展開でした」

唐沢寿明主演『ハラスメントゲーム』がSPで復活「予想外の展開でした」

1

2019年11月24日 06:11  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

唐沢寿明主演、井上由美子原作・脚本の『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系)の続編が、2020年1月にドラマスペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』として放送決定。唐沢をはじめ、広瀬アリス、古川雄輝、喜多乃愛、石野真子、佐野史郎、高嶋政宏ら豪華キャスト陣が集結する。

2018年10月クールで話題を集めた『ハラスメントゲーム』は、社会に蔓延るセクハラやパワハラなどのハラスメント事件を一風変わった手法で痛快に解決するスーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」のコンプライアンス室長の秋津渉(唐沢)の奮闘を通して、ハラスメントの真髄に真っ向から挑んだ意欲作。

SPのテーマは今、話題の「働き方改革」。豪華スペシャルゲスト(後日発表)を迎え、更にグレードアップした井上オリジナル脚本で臨むという。井上脚本ならではの、緻密な構成とキャラクター作り、そして息をもつかせぬ大どんでん返しの数々。今回は唐沢演じる秋津と、過重労働撲滅特別対策班(通称・カトク)の鮫島冴子が繰り広げる対立劇が描かれる。秋津は、今回、臨時特任社員として本社に帰ってくることとなり……。

また前回、2人しかいないコンプライアンス室で秋津とタッグを組んでいた女性社員・高村真琴役の広瀬、マルオーホールディングスの顧問弁護士・矢澤光太郎役の古川、秋津の妻・秋津瑛子役の石野、秋津渉の娘で秋津菜摘役の喜多、マルオーホールディングス・コンプライアンス室長・水谷逸郎役の佐野、そして、マルオーホールディングスの社長・脇田治夫役の高嶋といった顔なじみのキャスト・スタッフが勢揃いする。

出演者とテレビ東京制作局ドラマ室の田辺勇人プロデューサーから届いたコメントを紹介する。

<唐沢寿明 コメント>

早くもスペシャル版の放送決定と聞いて予想外の展開でした。主人公・秋津渉は変わらず、ぶれておりません! 連続ドラマではハラスメントの話でしたが、今回のスペシャル版では過重労働撲滅特別対策班(通称・カトク)が出てきます。カトクとのやり取りや関係性も見どころだと思いますし、今、社会問題になっているテーマに今回も切り込んでいきます。次々起こる難題に秋津がどう立ち向かっていくのか、楽しみにしていてください。

また、ほとんどのスタッフが再集結して懐かしかったです。西浦正記監督は相変わらずキレのいい演出で、脚本も前回の連ドラよりも間違いなくパワーアップしています。

井上由美子先生の切り口、西浦監督の演出が本当に面白いです。サスペンス性、事件性と重いテーマではありますが、秋津のコミカルな面で全体的に丁度良いバランスになっています。シリアスな場面とのギャップが、見ている人には楽しんでいただけると思いますので、是非ご期待ください。

<広瀬アリス コメント>

連ドラからスペシャルドラマが続くことは、すごくありがたいことです。前回の終わり方はすごく好きだったので、それからどうなったのか気になっていました。スペシャルドラマとして復活することはすごく楽しみです。台本も読んで面白かったですし、帰って来たなと思いました!

連ドラは唐沢さんとバディでいいコンビでしたが、今回はまた連ドラとは違う2人の距離感があり、いいなと思います。でも一緒のシーン少ないんですけどね(笑)。

新しいキャラクターも登場し、さらに面白くなっているので、連ドラを見ていた方も見ていない方も、ハラスメントは世間でも色々ニュースになっているので、リアリティーなエンターテイメントドラマとして見ていただければと思います。お楽しみに!

<古川雄輝 コメント>

同じ役をまた演じる事ができる喜びと、キャスト・スタッフの皆様とまたお仕事が出来る事をとても嬉しく思いました。

今回のテーマが、「過重労働」や「働き方改革」なのですが、普段ニュースを見ていて、このような言葉を最近よく耳にします。見て頂いた方が、今の時代の仕事の在り方を改めて考えるきっかけになるような作品になればと思います。

現場の雰囲気はとても良く、皆で真剣に、楽しく作品を作り上げていました。久しぶりのハラスメントゲームの現場はとても温かく、お芝居に集中出来る環境でした。コンプライアンス室が今回のテーマに立ち向かう姿をお楽しみ下さい。レギュラー放送時から変わらない弁護士ならではの専門用語の多いセリフ、そして秋津さんと真琴とのチームワークにもご注目下さい! お楽しみに!

<佐野史郎 コメント>

スペシャルドラマの話を聞いて、嬉しかったですねえ〜。昭和の高度経済成長期のサラリーマンものの映画などで育った世代としては、時代を映す鏡として、会社物語は特別です。役員メンバーなど、変わりましたが、現場も一年経ったとは思えず、あれからずっと現場が続いていたかのような印象でした。

上司を慕う役員・水谷が、窮地に追い込まれた中、その後どう立ち振舞ったのか、気になっておりました。役員を降ろされてフテくされている水谷……なんだか人格がちょいと変わったのは、孫ができたせい? 猛烈に働いてきた会社人間の悲哀を感じていただければ嬉しいです。

今回も社員同士のぶつかり合いや、社外に向けての対応に追われる姿はこれまで通りですが、よりサスペンス性が増した今回のスペシャルドラマ。微かに漂うラブストーリーからも目が離せません!! 水谷の好々爺ぶりもお見逃しなく!

<高嶋政宏 コメント>

連ドラの時から、すごく手応えを感じていたので、スペシャルドラマの話を聞いて、とにかく、うれしかったです。スタッフも約1年ぶりとは思えないほど、前のままの雰囲気でしたね。強いて言えば、女性スタッフが増えて、華やかでした。

今回も井上由美子先生の脚本がホントに面白くて、演じていてもワクワクがとまらない撮影でした。それがきっと、皆さまにも伝わると思います。今回は、新社長として、本社から指示出している役どころです。例えるならば、敬語を使う「太陽にほえろ!」のボスです!(秋津が行った)函館、行きたかった〜!

<石野真子 コメント>

毎回ワクワクしながら放送を観ていたので、SP のお話を頂いた時には、とても嬉しく、今回のお話も台本のページをめくる度、えっ! どうなっていくの? と展開にワクワクしました。

約1年ぶりに、懐かしいスタッフと再会。リラックスした気分で現場に臨める事は私にとって、とてもうれしい事でした。前作から変わらず、文句を言いながらも旦那様を大好きな瑛子さん。とても和やかなシーンにもご注目下さい。言葉に出して向かっていけば伝わったかもしれない。働き方より、生き方を改革しろ‼︎ あー、ドキっ!

<喜多乃愛 コメント>

スペシャルのお話を聞いた時は、とても嬉しかったです。昨年の放送で、たくさんの人から、『あのドラマ面白いね!』という声を頂いていたので、スペシャルにも出演させていただくことができてとても光栄です。台本を頂いてすぐに読んだのですが、最後までページをめくる手が止まらなかったです。やはり今回も秋津さんにしかできない、秋津さんらしい問題解決の仕方で、あのスカッっとする感覚が大好きです!

今回も変わらず、菜摘は、お父さんに対するあたりは強めです。前回は高校生でしたが、今回は海外に留学しているので、さらに明るくなって成長した菜摘が見られると思います。そして、大好きなお父さんとお母さんのお互いの愛が、とても素敵に描かれているので、そこも見ていただきたいなと思います。

連ドラ同様、人を想いながら頑張る秋津さんや、仕事の仲間、そして家族の姿が、皆さんの背中をそっと押してくれると思います。

<テレビ東京制作局ドラマ室 田辺勇人プロデューサー コメント>

昨年の10月クール、「パワハラ」や「セクハラ」など様々なハラスメント問題に真っ向から挑み話題となった、唐沢寿明さん主演、井上由美子さん原作・脚本の「ハラスメントゲーム」が、来年1月にスペシャルドラマとして帰ってきます!

今回のスペシャルでは豪華なゲストを迎え、今ホットな話題でもある『働き方改革』というテーマを中心に、サスペンスありコメディありと二転三転するストーリーで更にパワーアップしたエンターテインメントをお送りします。

年号は平成から令和に代わり、私たちの生活はより便利になり、快適になりました。それは“働く”ということにも当てはまると思います。しかし、ある側面からすると、人間関係が希薄になり、挑戦や失敗が許されないというとても窮屈な時代になってしまったのかもしれません。こんな時代だからこそ働くことや人とつながることの意味を、視聴者のみなさんには感じて頂けると制作スタッフの一人として嬉しく思います。

次々と襲い掛かる難題に、秋津を始めとする愛すべきキャラクターたちがどのように立ち向かっていくのか、そして、ドラマの終盤で秋津が放つセリフ。まさに今の時代を生きる人たちに響く一言だと思いますので、最後の最後まで楽しんで頂けると幸いです。 あっと驚くゲストの皆さんも出演します。今後の情報解禁をご期待下さい!

このニュースに関するつぶやき

  • 当時の同時期ドラマの中では好きだったから覚えてるわ。
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定