ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 小学校入学前に必要な心の準備。今からできる自信のつけ方

小学校入学前に必要な心の準備。今からできる自信のつけ方

0

2019年11月26日 17:00  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl
ランドセル購入や制服合わせなど小学校入学準備に親子でドキドキワクワク
小学校入学まであと数カ月!来年の4月に一年生になる子がいるご家庭では、ランドセルを買ったり制服を準備したりとワクワクしながら小学校入学に向けて準備を始める頃ではないでしょうか。「ある程度勉強ができる子になってほしい」「給食が残さず食べられるように好き嫌いをなくそう」あれこれ願うのも親心。しかし最も大切なのは心の準備です。今のうちに自信を高めてあげることで入学後の学校生活が楽しいものに変化します。


子どものことを思ってかけた言葉でもプレッシャーに感じてしまうこともある
お母さんは誰でも、子どもには苦労はさせたくないと願うものです。「ちゃんと勉強についていけるかしら?」「嫌がらずに学校に行けるかしら?」など不安もあるでしょう。期待と不安が入り混じり「そんなんじゃ小学生になれないよ」「今からちゃんと勉強しないと大変よ」と言ってしまうこともあるかもしれません。お母さんは子どものことを思って言った言葉でも、子どもにはプレッシャーとなり自信をなくすこともあるので気をつけましょう。


言葉がけひとつで学校がワクワクに変わる。自信が持てる言葉をかけよう
子ども自身も入学準備がはじまるこの時期は、ドキドキワクワクな気持ちと背中合わせに不安な気持ちもあるのです。「僕だけできなかったらどうしよう」「先生が怖いかもしれない」とマイナスに考えだすとキリがありませんよね。不安を少しでも減らすために「自分なら大丈夫」「なんとかなる」と自信をもたせることが必要。まずはお母さんがこの子なら大丈夫と心から子どもを信じ「あなたなら大丈夫よ」「きっと新しいお友だちができるわ」と伝えてあげましょう。


「大好きよ」と愛を伝える言葉がけとスキンシップが子どもの自信に繋がる
子どもの自信の源は親からの愛情です。スキンシップをたくさんとることで愛が伝わり絆が深まります。時に子どもがスキンシップを恥ずかしがったりするかもしれません。そんな時はありのままを受け入れ「大好きよ」「あなたがお母さんの子でよかったわ」とたくさんの言葉で愛を伝えましょう。「自分は愛されている」という実感が安心感に変わります。この安心感は必ず自信へと繋がります。たとえ大きな壁にぶつかったとしても乗り越えられる力となるでしょう。


今日の1日1成長
子どもを信じ「大好きよ」の声かけとスキンシップでたくさんの愛を伝えよう子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの伝える力も1成長。杉岡由香(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定