ららぽーと豊洲のスケートリンク

0

2019年11月27日 10:02  オズモール

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

オズモール

写真写真
◆東京湾やレインボーブリッジを眺めながらアイススケートを。アーバンドック ららぽーと豊洲の「Sea Side アイススケートリンク」

2019年12月6日(金)から2020年2月16日(日)の期間、アーバンドック ららぽーと豊洲で、今年も「Sea Side アイススケートリンク」が登場する。本物の氷でできている本格的な屋外アイススケートリンクからは、昼と夜で雰囲気の異なる、豊洲ならではの最高の景色を堪能できる。ショッピングはもちろん、いろんな形でホリデーシーズンを満喫しよう。



屋外アイススケートリンク
子どもも大人も気軽に楽しめる「Sea Sideアイススケートリンク」
シーサイドデッキ(中庭)には、2019年12月6日(金)から2020年2月16日(日)までの期間、「Sea Sideアイススケートリンク」が登場。海を望む絶好のロケーションの中、本物の氷を使用した本格的な屋外アイススケートリンクが約360屬砲錣燭辰胴がる。

中学生以上の大人は利用料1000円、4歳から小学生までは600円で、貸靴代は別途500円。大人と子供のペア利用料金は1400円と、家族で利用するとちょっとおトクに。アイススケートリンクの利用には5本指の手袋が必須条件だけど、200円で販売も行っているので、リンクを見て滑りたくなっても大丈夫。

小学生以下にはヘルメットとプロテクターを無料で貸してもらえる嬉しいサービスも。大人向けニットの販売(300円)も行っているので、寒い日は利用するのがおすすめ。




平日は時間無制限で滑走できるのもうれしい
平日は14時から21時まで、休日と12月23日(月)から27日(金)、12月30日(月)、31日(火)、2019年1月2日(木)、3日(金)は11時から21時まで営業している。豊洲ならではの高層マンション群や東京湾、レインボーブリッジを眺めながら滑走ができる。

夜はスケートリンクがライトアップされるので、昼とはまた違って幻想的でロマンティックな雰囲気に。夜景をバックに写真撮影すれば、インスタ映えすること間違いなし。

休日は1回45分間で、平日なら時間無制限で滑ることができる。ショッピングの前後に、海を眺めながら、開放的なスケーティングが楽しもう。



    ニュース設定