ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 息子を訪ねて1300キロ。坂本勇人2世、武岡龍世を支える家族の献身

息子を訪ねて1300キロ。坂本勇人2世、武岡龍世を支える家族の献身

1

2019年12月02日 06:21  webスポルティーバ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

■TBSの上村彩子(かみむら・さえこ)アナウンサーが現場で取材した大会でのエピソードや舞台裏、インタビューしたアスリートの魅力や意外な一面などを伝えるこの連載。今回のテーマは、先日のドラフトでヤクルト6位指名を受けた武岡龍世選手。ドラフト会議当日、指名される瞬間の選手の表情や、現場で取材した家族とのエピソードをレポート。

 少し時間が経ってしまいましたが、ヤクルト6巡目で指名された武岡龍世選手のドラフト取材で八戸学院光星高校(青森)に行ってきました。私にとって、ドラフト会議当日に指名を待つ選手の様子をご家族と一緒に見守ることは、初めての経験でした。

 ドラフト会議があったその週の土日は、ちょうど文化祭の開催日ということもあり、準備に追われる校内は、なんだか全体的にそわそわした雰囲気。ドラフト会議の時間が近づいてくると、すれ違った女子生徒の皆さんも「今日ドラフトだよね」「何番目で指名されるかな」と楽しみにしているようでした。

 午後4時50分からドラフト会議の中継が開始。武岡選手は中位指名も予想されていたので、ドキドキしながら名前が呼ばれるのを待っていたのですが、1時間経ってもなかなか呼ばれません。選手にとっては、この先の人生が決まる瞬間。集まった多くのメディアのテレビカメラ、スチールカメラがその表情を撮影しようと狙っています。その分、武岡選手が感じるプレッシャーも大きかったのではないかと思います。

 そんな中、なかなか名前が呼ばれないと、その場の空気は少しずつ重い雰囲気に…。この日は野球部員全員が残って、指名された時にお祝いをするために待機していました。次は来るんじゃないか、次は来るんじゃないか。まだ呼ばれない。うなだれる部員の皆さん――。

 武岡選手は、大学に進んでからプロを目指すという選択肢もあったため、なかなか名前が呼ばれないと、武岡選手の父・克明さんと母・みどりさんが、「もしダメだったら、大学に行って、また頑張りますと言いなさいね」と、明るい表情で話しかけている姿が印象的でした。指名が進んでいき、武岡選手と同じポジションの選手の名前が呼ばれて、枠が決まってくると、会場全体はだんだん言葉少なに……。膝を叩いて待つ父・克明さんの姿もありました。

 そしてついに、武岡選手の名前が呼ばれる瞬間が来ました。ヤクルトの6位指名、全体の61番目。その瞬間、武岡選手は大粒の涙を流して泣いて、「よかったー」とひと言。プレッシャーから解放されたということもあると思いますが、武岡選手は本当にボロボロと泣いていて、母・みどりさんがすぐハンカチを渡していました。私も思わずもらい泣きしてしまいました。

 武岡選手の実家は徳島県で、ご両親は祖父母と淡路島の玉ねぎ農家を営んでいます。ご両親は、息子の試合を観るために、なんと車で約1300キロの距離を18時間かけて応援に来ていました。最初は飛行機で移動していたのですが、1日昼の1便しかなく試合の途中で泣く泣く空港へ向かうこともあったそうです。そんな中、息子のホームランを見られなかったこともあり、時間にとらわれず最後まで試合を見られる、車での移動に変更したのです。また、武岡選手の兄・大聖さんは系列の八戸学院大学に通っているため寮も隣で弟をサポート。そうした家族の絆や家族愛が、武岡選手を支えていました。

 ドラフト当日のTBSの番組『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』のVTRでも紹介されていましたが、武岡選手が子どもの頃、徳島の自宅近くの公園に克明さんが持ってきたベースを埋め込んで特設のバッターボックスを作り、いつも夜遅くなるまで練習を一緒にしていたそうです。そうやって野球に打ち込むことができる環境を作ってくれたご両親や、家族の存在があったからこそのドラフト指名。今回取材をした数時間だけでも、ご家族の仲の良さが伝わってきました。

 武岡選手の第一印象は、気配りができてとても礼儀正しい18歳。自分が指名されないかもしれないという不安もあるなかで、応援してくれている皆さんを悲しませたらどうしようという心配もしていました。そうした優しさと一緒に、負けん気の強さも持っています。

 武岡選手が小学生の頃、地元の徳島ホークスでプレーしていた時、主力の6年生が卒業してしまい、3、4学年下の選手も出場しないとチームが作れない状況になって、戦力が大きくダウンしたことがあったそうです。その時、勝てなくて悔しくて、どうやったら勝てるのか何回も泣きながら聞きに来た息子さんの姿を、克明さんは今でもよく覚えているとお話ししてくれました。

 さらに、チームの監督には、「日本一の練習をしてください。勝ちたいんです」とお願いをしていたという武岡選手。勝つためにどうしなくてはいけないかを小学生の頃からそこまで考えて、勝負にこだわっていたのです。

 武岡選手は子供の頃から泣き虫な一面もあり、たくさんの思い出があるとみどりさんが振り返ってくれました。今回のドラフト指名直後のような喜びの涙だけではく、悔し涙もたくさん流してきたといいます。とくに青森で家族と離れて暮らしてからは、テレビ電話でみどりさんに悩みを話してすっきりして、切り替えるということが多くあったそうです。男子高校生であんなに泣いて可愛いなと私は思ったのですが、思わず泣いてしまったのは、母みどりさんが隣にいたからというのもあるかもしれませんね。

 そんな武岡選手は、「坂本2世」と呼ばれているとおり、憧れの選手は子供の頃からずっと巨人の坂本勇人選手。八戸学院光星高校に入学したのも、「坂本選手の出身高だから」と徳島から遠く離れた青森へ。

 その憧れの坂本選手に、武岡選手は一度だけ会ったことがあります。神宮大会に出場した時、OBである坂本選手が宿舎に来てくれたのです。話しはできなかったそうですが、これから同じセ・リーグでプレーすることになれば、試合で顔を合わせる機会が増えていくかもしれません。

 先日、ヤクルトの背番号が発表され、武岡選手は60番に決まりました。坂本選手は巨人入団当初は61番で、現在の背番号は「6」。憧れの存在の背中を追って、同じ背番号をつける日が来ることはあるのか。とても楽しみです。

 同世代の一番のライバルは、DeNA1位指名の森敬斗選手(桐蔭学園高)。武岡選手は、ドラフトが終わったあと、「ライバルは森敬斗選手だと思っています」と明言。「今は彼の方が評価は上ですけど、自分もこれから頑張りたい」と闘志十分でした。これから、森選手やヤクルト1位指名の奥川恭伸選手ら、U-18日本代表などで一緒にプレーした同学年の仲間たちと切磋琢磨していくのだと思います。

 プロのトップ選手に比べるとまだ線が細い印象の武岡選手ですが、勝負はこれから。トレーニングを積んで、体がぶ厚く、大きくなっていくはず。それに、今まで徳島から青森まで応援に駆け付けていたご両親にとっては、移動距離が短くなります。ご家族への恩返しになるような武岡選手の活躍に期待しています!

■プロフィール 上村彩子(かみむら・さえこ)1992年10月4日 千葉県生まれ 【担当番組】TV-『S☆1』土/24:30〜 日/24:00〜 『SUPER SOCCER』日/25:20〜 『フラッシュニュース』金21:00頃〜(変動あり)※隔週 『Oh!ベイスターズ2019』 金/26:55〜 RADIO-『千葉ドリーム!もぎたてラジオ』…日 /12:30〜

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定