赤塚賞で29年ぶりの入選作、うすた京介・つの丸・増田こうすけらも称賛

23

2019年12月02日 14:29  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「だるまさんがころんだ時空伝」より。
「だるまさんがころんだ時空伝」より。
本日12月2日に発売された週刊少年ジャンプ2020年1号(集英社)にて、第91回赤塚賞の選考結果が発表され、おぎぬまX「だるまさんがころんだ時空伝」が入選を果たした。なお同賞で入選が出るのは29年ぶりのこと。

【大きな画像をもっと見る】

赤塚賞は集英社によるギャグマンガを対象とした新人賞。第91回の審査委員は中野博之週刊少年ジャンプ編集長、矢作康介ジャンプスクエア編集長、事務局長の大西恒平週刊少年ジャンプ副編集長のほか、麻生周一、うすた京介、大石浩二、つの丸、増田こうすけが務めた。

「だるまさんがころんだ」を題材にした同作について、うすたは「シュールな短編映画のよう。たった15Pとは思えないほど深い」、つの丸は「読みやすく面白かった。雰囲気もいい」、増田は「展開に驚きがあって飽きさせないし、キャラの表情も面白かった」と講評でコメントした。同作は2020年2月4日発売のジャンプスクエア3月号(集英社)に掲載される。

このニュースに関するつぶやき

  • 超レアの入選作家が必ずしも佳作作家より成功している訳でもないんだよね。
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • 前に入選した八木教広氏 同じくこの賞からデビューした徳弘正也氏 どちらもストーリーテラーとして名を馳せているというのが面白い ギャグと云えど物語も大事というのがよく分かる
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(12件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定