ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > SixTONESとSnow Man 来年1月同時デビューにライバル心「バチバチっすね」

SixTONESとSnow Man 来年1月同時デビューにライバル心「バチバチっすね」

0

2019年12月03日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真SixTONESとSnow Manは、2020年1月22日に同時CDデビュー。ジュニアエラ12月号には2組の写真が満載(※写真はイメージ/gettyimages)
SixTONESとSnow Manは、2020年1月22日に同時CDデビュー。ジュニアエラ12月号には2組の写真が満載(※写真はイメージ/gettyimages)
 2020年1月22日(水)、ジャニーズJr.から「SixTONES」と「Snow Man」が同時にCDデビュー!! ジャニーさんの遺志を受け継いだ彼らは、舞台「少年たち To be!」で素晴らしいパフォーマンスを披露した。小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」12月号に掲載された記事を紹介する。

【画像】クールすぎる!AERA表紙を飾ったSixTONES

*  *  *
 ジャニーズ史上初となる、2組同時のCDデビューが決まった。そのグループは、「SixTONES」と「Snow Man」。来年のデビューに先がけて、今年の9月には舞台「少年たち To be!」にも出演した。

 舞台「少年たち」のシリーズは、今年7月に亡くなったジャニーズ事務所社長(当時)のジャニー喜多川さん(享年87)が長年、企画・構成・総合演出を手掛けてきた作品。初演は1969年で、少しずつ形を変えながら何度も上演が重ねられてきた、ジャニーさんの思い入れのある舞台だ。現在活躍中の「Kis−My−Ft2」や「A・B・C−Z」「ジャニーズWEST」などのメンバーもジャニーズJr.時代に出演していたことがあり、いわばジャニーズ事務所の若手の登竜門なのだ。

「少年たち To be!」は2部構成。第1部は「ミュージカル」で、第2部は2組の新曲の披露も兼ねた「SHOW TIME」だ。

 第1部のミュージカルの舞台は少年刑務所。SixTONESとSnow Manのメンバーはみな、その刑務所に収監されているという設定だ。監獄の中の彼らは自由を求め、2人を残して決死の思いで脱獄する。そのときに、みんなで「50年後に必ずまた会おう」と誓い合う。刑務所から出たメンバーも、残ったメンバーも、それぞれが悩み、苦しみながらその人生を全うし、50年後、約束通り、かつて刑務所のあった場所で再会するというストーリーだ。

 今回の新たな試みについて田中樹さんは、「自分たちのことを手紙に書いて脚本家さんに渡すという、今までにない台本の作り方をしました。なので自分たちが今思っていることや、過去のこととかがストーリーに反映されています」と明かす。

 ところどころで繰り広げられる歌や踊りなどのパフォーマンスもカッコイイ! サーカスのように、天井からつり下げられた布にぶら下がりながら踊るフライングに初挑戦した森本慎太郎さんは、「布ひとつでつられているので、あれが抜けちゃったらそのままヒュ〜って感じなので、初めは怖かったですが、楽しさときれいに見せる大事さがうまく伝わるといいなと思います」と興奮気味に語った。

 物語後半のすっかり年を取ったメンバーたちの姿にも注目だ。それぞれのメンバーのキャラクターに応じた年の取り方をしていて、クスッと笑ってしまう。

 岩本照さんは今回の舞台について、「脱獄して塀の中から外に出ることと、僕たちがデビューして新しい世界に行くというのもリンクしていますし、もともとあったジャニーさんの言葉や先輩方が築き上げてきた歴史プラスアルファ、今の時代を生きているSnow ManとSixTONESだからこそできるというか、僕たちにしかできない作品になっていると思います」と熱く語った。

 第2部のSHOW TIMEでは、2組のグループが互いの曲を歌い合うシーンも。最後は「少年たち」シリーズの名物、「桶ダンス」も登場。これはメンバーたちがほぼ裸の格好で桶を持ったまま踊るダンス。この桶ダンスには、グループ最年少で16歳のラウールさんも「すっごく楽しいですね、あれ。マジで」と目を輝かせた。深澤辰哉さんは「皆で隣の人の下腹部を隠す振りつけがあるんですけど、ラウールは足が長くて腰の位置も高いもんだから、隠そうとしても出るんです。難しいんですよ、その位置が」と告白。するとラウールさん、「いつも(深澤さんが)極めてくれます」と即答。仲の良さが伝わってきた。

 2020年に、同時にCDデビューするこの2つのグループ。ジェシーさんは「いやもうバチバチっすね」とおどけたものの、田中さんは、「もちろん戦っていきたいんですけど、今まで一緒に高め合ってきたので、切磋琢磨していけたら」と心境を明かした。岩本さんも「戦友ですよね」とうなずく。「悩み事とかもあったら言いますし」というジェシーさんに、宮舘涼太さんからは「ふたりで泣いたことも」という告白も飛び出した。

 深澤さんは「2組のグループが一緒にものをつくるというきっかけをくれたのがジャニーさんでした。広い世界の中からこうやって引き合わせられるジャニーさんってすごいなと思います。2組のグループで頑張って、ジャニーズの歴史に新たな1ページを刻めたら」と、ジャニーさんへの思いと今後の意気込みを語った。(ライター・今井明子)


※月刊ジュニアエラ 2019年12月号より

    あなたにおすすめ

    ニュース設定