ホーム > mixiニュース > 社会 > 山岳写真家の白籏史朗さん死去

写真家の白籏史朗氏死去

15

2019年12月03日 11:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 白籏 史朗氏(しらはた・しろう=写真家)11月30日、腎不全と肺炎のため死去、86歳。山梨県出身。葬儀は近親者で行う。

 山岳写真の第一人者として南アルプスや富士山、ヒマラヤなど国内外の山々を取材した。77年日本写真協会賞受賞。00年、山岳文化への貢献や芸術表現が評価され、スイスのキング・アルバート一世記念財団から日本人初の功労勲章を贈られた。 

このニュースに関するつぶやき

  • 大好きな写真家さんでした。 山岳写真をやり出したのも この人の作品を見て触発されて、、、 南アルプス、ヒマラヤ、尾瀬、素晴らしい作品ばかり。 ご冥福をお祈りします。。。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ショックです。中学時代白旗さんの写真技法の入門書で大型カメラに興味を持ち学生時代はマミヤ23(バックのみの6x9cm判)、初ボーナスで本格大型機ホースマン、良いのが欲しくてリンホフ。軽いのが欲しくて立原と大型カメラ沼に…
    • イイネ!30
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(8件)

あなたにおすすめ

ニュース設定