ホーム > mixiニュース > トレンド > 大卒初任給、初の21万円超に

大卒初任給6年連続アップ、初の21万円超に 産業別トップ3は「学術研究、専門・技術サービス」「情報通信」「建設」

116

2019年12月05日 14:50  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

厚生労働省が12月4日に発表した調査で、今春入社した大卒新卒社員の初任給は21万200円(前年比1.7%増)で、6年連続で上昇したことが分かった。21万円を超えたのは初めて。

学歴別でみると、大学院卒が23万8900円(同0.1%増)、高専・短大卒が18万3900円(同1.4%増)、高卒が16万7400円(同1.4%増)。すべての学歴で前年を上回った。

大企業と中小企業の格差も縮小傾向?


男女別にみると、大卒男性が21万2800円(前年比1.3%増)、同女性が20万6900円(同2.1%増)といずれも前年を上回る結果に。高専・短大卒、高卒でも、男女ともに前年から増加傾向にあったものの、大学院卒男性の23万9000円(同0.4%減)のみ微減した。

大企業(従業員1000人以上)の初任給を100とした「企業規模間格差」では、大卒中企業(同100〜999人)で97.9ポイント、大卒小企業(同10〜99人)で95.7ポイントだった。前年はそれぞれ97ポイント、95ポイントだったため、全体的に格差が縮まったといえる。

一方、大学院卒中企業の95.9ポイントは唯一、前年(102.5ポイント)から大幅に下降。部分的には格差が拡大しているようだ。

「卸売業」「医療、福祉」で大きく上昇

主な産業別の初任給は、大卒では「学術研究、専門・技術サービス業」(22万7200円)」が1位に。このほか、「情報通信業」(21万8100円)、「建設業」(21万6700円)、「卸売業、小売業」(21万1000円)などが上位だった。対前年比を比較すると、「卸売業、小売業」「医療、福祉」がそれぞれ同2.7%増で最も大きかった。

大卒女性に限定しても、トップ3には同じく「学術研究、専門・技術サービス業」(22万3800円)、「情報通信業」(21万7800円)、「建設業」(21万1200円)が並んだが、対前年比では「医療福祉」(同3.9%増)のほか「サービス業」(同3.3%)で伸びが大きかった。

調査は6月分の給与額を基準に実施。10人以上を雇用する民間事業所のうち、本年度に新卒者の採用があり、初任給が確定している1万4942か所から回答を得た。

このニュースに関するつぶやき

  • 転職しよう。
    • イイネ!2
    • コメント 4件
  • 初任給は上がってたけど引かれる額が多くて上がってる実感ないよねhttp://photo.mixi.jp/view_photo.pl?owner_id=6947640&photo_id=2320527069
    • イイネ!37
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(74件)

あなたにおすすめ

ニュース設定