ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 木村拓哉演じる尾花、料理の師匠と対面!今、店に足りないものとは?『グランメゾン東京』第8話

木村拓哉演じる尾花、料理の師匠と対面!今、店に足りないものとは?『グランメゾン東京』第8話

0

2019年12月06日 07:11  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

木村拓哉が主演を務める日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系、毎週日曜21:00〜)の第8話が、12月8日に放送される。

本作は、木村演じる型破りなフランス料理シェフ・尾花夏樹が、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。木村のほかに、鈴木京香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹らが出演している。

<第8話あらすじ>
トップレストランにも選ばれ、ミシュランへの道は順調に見えるグランメゾン東京。京野(沢村)が倫子(鈴木)に告白した翌日、尾花(木村)が音信不通になってしまう。周りの心配をよそに、夕方に戻ってきた尾花が連れてきたのは、彼の料理の師匠・潮卓(木場勝己)だった。彼の娘の凪子(伊藤歩)に頼まれ、退院する潮を迎えに行っていたのだという。

尾花は、潮に店の料理を食べてもらおうとするが、潮はなぜかほとんど手をつけず途中で怒って帰ってしまう。帰り際に潮は、「一番の問題は京野にある」とだけ言い残していく。

倫子たちは原因を探るべく潮の店に行くことに。そこでお店定番のビーフシチューの美味しさに衝撃を受ける。そんな中、尾花は、潮の様子に異変を感じて……。潮が言う今のグランメゾン東京には足りないものとは? また、尾花の基礎を作った潮から彼らが学ぶものとは?

    あなたにおすすめ

    ニュース設定