ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > iOSアプリ「Clips」でミー文字とアニ文字が利用可能に

iOSアプリ「Clips」でミー文字とアニ文字が利用可能に

0

2019年12月06日 16:23  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真「Clips」最新バージョン2.1のイメージ
「Clips」最新バージョン2.1のイメージ

 Appleは、オリジナルのアニメーションを作成できる無料アプリ「Clips(クリップス)」の最新バージョン2.1を配信した。



【その他の画像】



 Clipsは、写真や動画などを組み合わせてオリジナルのビデオを作成できるiPhoneとiPad向けアプリ。今回のアップデートにより、Clipsで「アニ文字」や「ミー文字」を使えるようになる。



 アニ文字やミー文字に、アート風のフィルターや、動きのあるテキスト、音楽、ステッカーなど、これまでにClipsで作成したアニメーションを重ねることも可能。



 また、ユーザーが上下左右に動いたり、カメラに近付いたり遠ざかったりしても、サングラスやせりふの吹き出しといったオブジェクトがユーザーの顔から離れずに追随するという。



 この他にも、冬の雰囲気を美しく表現する「Let it Snow」のポスター、新たに7種類のミッキーマウスとミニーマウスのステッカーなどが追加される。



 新機能を利用するには、TrueDepthカメラを搭載したiPhoneやiPadが必要で、旧バージョンを利用している場合はApp Storeでアップデートする必要がある。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定