ホーム > mixiニュース > トレンド > 【ディズニー】ガストンのレストラン詳細が判明、クロワッサンなどパン中心

【ディズニー】ガストンのレストラン詳細が判明、クロワッサンなどパン中心

0

2019年12月06日 17:33  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」の内観(C) Disney
「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」の内観(C) Disney
2020年4月15日(水)にグランドオープンする東京ディズニーランド史上最大規模の開発エリアにおける全施設の内容、各施設で公演するショーや販売グッズ、メニューなど、あらゆる情報が明らかになり、ディズニー映画『美女と野獣』関連のフード系情報が一気に判明した。

ディズニー映画『美女と野獣』の世界を体感できるエリアでは、3種類のフード施設が堂々のオープン。レストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」は、ディズニー映画『美女と野獣』に登場するガストンの酒場をモチーフにした約200席のカウンターサービスのレストランとなる。


店内には、村一番の狩人であるガストンの狩猟の腕前を示す鹿の角や動物の彫刻が誇らしげに飾られ、さらに暖炉の上には彼の大きな肖像画も。映画で登場するシーンが完全再現され、うっとりしてしまいそう。

このレストランではガストンさながらに豪快にかぶりつける骨付きソーセージ入りのクロワッサンや、チーズのフレーバーが香る甘塩っぱいフレンチトーストのサンド、彼が大好きなビールをイメージしたソフトドリンクなどを提供。セットにはフレンチフライポテトとソフトドリンクが付く。映画『美女と野獣』の世界にいる気分で食事が楽しめそうだ。


また、「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」の隣には、ガストン子分のル・フウが経営するスナックのお店「ル・フウズ」がオープン。東京ディズニーランド初登場、アップルキャラメル味のチュロスを販売する。


ポップコーンワゴン「ル・プティポッパー」では、いつもできたてのポップコーンを販売。ベルの暮らす村にある“小さなポップコーン屋”と名付けられたこのワゴンで、こちらも映画『美女と野獣』の世界に浸れそう。

※取材時の状況に基づいて記事化しています。ショー内容など異なる場合もあります。また紹介したイベント、メニューなどすべての情報は予告なく変更になる場合があります。詳細は公式サイトを参照ください。

(C) Disney

(text:cinemacafe.net)

    あなたにおすすめ

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定