ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > 讃岐、川村延廣代表取締役社長が71歳で逝去…岩手戦で喪章を着用

讃岐、川村延廣代表取締役社長が71歳で逝去…岩手戦で喪章を着用

0

2019年12月06日 19:45  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真カマタマーレ讃岐の川村延廣代表取締役社長が逝去した
カマタマーレ讃岐の川村延廣代表取締役社長が逝去した
 カマタマーレ讃岐は6日、川村延廣代表取締役社長が逝去したと発表した。71歳だった。

 愛媛県出身の川村氏は百十四銀行の代表取締役専務やカマタマーレ後援会の会長を歴任。2017年12月にカマタマーレ讃岐の代表取締役社長に就任した。

 通夜は7日、カマタマーレ讃岐との合同葬は8日に香川県高松市内の公益会館で執り行われる。

 クラブは8日に行われる明治安田生命J3リーグ第34節のいわてグルージャ盛岡戦で喪章を着用して試合に臨むことを併せて発表している。

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定