ホーム > mixiニュース > トレンド > コミケ直前でも対応!その場で作れるオリジナルTシャツ販売機が渋谷に登場

コミケ直前でも対応!その場で作れるオリジナルTシャツ販売機が渋谷に登場

3

2019年12月06日 20:02  おたくま経済新聞

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

写真コミケ直前でも対応!その場で作れるオリジナルTシャツ販売機が渋谷に登場
コミケ直前でも対応!その場で作れるオリジナルTシャツ販売機が渋谷に登場

 冬のコミケットなどイベントが近づいた時点で、急にグッズが作りたくなるのは同人あるある。そんな時に強い味方になりそうな、その場でオリジナルデザインのTシャツを作れる自動販売機が、2019年12月12日から東京・渋谷でロケテストされることになりました。


【さらに詳しい元の記事はこちら】


 オリジナルウェアやグッズの製造販売を手がける、株式会社プラスワンインターナショナルが、東京渋谷にオリジナル制作の魅力を発信するため、12月15日にグランドオープンする、新形態のコンセプトショップ「PRINTONE〜PB lab(自分ブランド研究所)〜」。


 そこで初公開となる「PRi・SRU(プリ・スル)」は、その場でデザインから印刷までを行える、日本初のTシャツ自動販売機です。(註:PRINTONEのOは本来、ウムラウト付きのOです)。


 ユーザーが自分で操作パネルを使ってデザインを作成し、その場でTシャツにプリント。デザインの時間をのぞいて、およそ4分半でオリジナルデザインのTシャツが完成するといいます。


 今回はロケテストとして、2019年12月11日〜2020年1月20日までの期間限定で稼働予定。ちょうど年末年始の大きなイベントに向けて、急にオリジナルグッズを作りたくなった需要に応えてくれそうです。


 また、ここではデザイナーが常駐し、オリジナルデザインの作成をサポート。ショップ内に併設したラボには加工機もあるので、プロの協力を得ながらTシャツやワッペン、ステッカー、パーカーなどのグッズを作ることもできます。
 
 さらに素材や色をはじめ、フィットや襟などのディティールをカスタマイズした、自分仕様のイージーオーダーのTシャツも展開予定。ありそうでなかった、自分好みの着心地を実現できるのも魅力のひとつ。


 今後ショップでは、シルクスクリーン印刷のプリント体験や、お絵かき教室などのワークショップ(参加料:1500円〜/時間:各60分〜)も開催予定だといいます。子供の体験だけでなく、大人が真剣に「モノづくり」を楽しめそうです。


 ここだけしかない、オリンピックなどで優勝したアスリートが国旗に身を包む姿にインスパイアされたオリジナルの「KIMO NO T」(税別6000円〜)も販売。2020年の応援グッズとしても使えそうです。


 店内でトークイベントなどが開催できるスタジオも併設されるうえ、様々な著名人のオリジナルグッズも販売予定という「PRINTONE〜PB lab(自分ブランド研究所)〜」。今後の詳しい情報は公式サイトにて発信される予定です。


■「PRINTONE」渋谷店
所在地:東京都渋谷区宇田川町24-2 コースト渋谷ビル B1F〜2F
営業時間:11時〜21時(デザイン最終受付:20時)
※不定休


情報提供:株式会社プラスワンインターナショナル


(咲村珠樹)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定