ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 子どもの「これは何?」がしつこい!?同じことを何度も聞いてくる理由が判明

子どもの「これは何?」がしつこい!?同じことを何度も聞いてくる理由が判明

17

2019年12月06日 21:01  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
「これは何ていうの?」

息子(2歳)からこの言葉をよく聞くようになりました。知らないモノの名前が知りたいのかなと思いきや、そのモノは息子がすでに名称を知っているはずのものなのです。



たとえば、「バス」などを指して「これは何?」と聞いてきます。私は知ってるはずなのになぁ?と思いながらも、「バスだよ」と答えます。しかし、それでも何度もバスを指して「これは何ていうの?」と繰り返すのです。私は当然、同じく「バス」と答えますが、やっぱり「これ何ていうの?」……延々とループ。しつこい聞き返しに辟易しながらも、「バスをバスとしてではないのなら何が聞きたいのだろうか?」と不思議に思っていました。

私には息子の質問の意図が理解できなかったので、何かヒントはないものかと頭をひねります。しばらく、他の子との関わりなども観察して様子を探ってました。

02

お友達相手にも同じようにしつこく聞き返すだけで、最後には「しつこいー!」と音を上げられて困らせてしまっていました。子ども同士で通じる何かがあるのかと期待しましたが、特になにもないようで謎は深まるばかり。

しかし、またある日。また同じように「これは何?」と。息子に「バス」を指して聞かれた時に、私はふとした気まぐれで答え方を変えてみました。

03

私は息子の質問の意図にやっと気がつくことができました。

04

息子は”名称”が知りたいわけではなくて、”用途”や”色”、”大きさ”や”音”など。このバスの情報をもっと知りたくて何度も聞き返していたのです。
息子は「これは何?」以外に聞き方がわからなくて、同じ言葉での聞き返しのようになってしまっていたけれど、その一言にたくさんの聞きたいことがこめられていたのでした。答え方に幅を持たせたことで息子は納得してくれたようで、以降は、繰り返し「これは何?」と聞かれることはすっかりなくなり、落ち着きました。

今は「お名前は?」「何をするものなの?」「何色なの?」など。息子の質問の仕方にも幅が出てきて、意図がとても汲み取りやすくなっています。

文、イラスト・Ponko

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • な、なるほど!
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • うちは、物が何かよりも言葉の意味をやたら質問攻めしてくる子だったので、親も賢くならないといかん状況でした。辞書的な意味を、子供にわかる平易な言葉で言い換えるの大変よ。
    • イイネ!6
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(11件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定