ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 沢尻エリカ被告の保釈「恒例」の謝罪なし  本人が拒み、病院へ直行

沢尻エリカ被告の保釈「恒例」の謝罪なし  本人が拒み、病院へ直行

6

2019年12月07日 07:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真釈放された沢尻エリカ(撮影・小原雄輝)
釈放された沢尻エリカ(撮影・小原雄輝)
 東京湾岸署での謝罪はなかった――。

 麻薬取締法違反の罪で起訴され、12月6日に保釈された女優の沢尻エリカ被告(33)。警察署の地下で車に乗り、出ていったと見られ、本人の様子をうかがい知ることはできなかった。

【写真】沢尻エリカ被告が乗っているとみられる車

 これまで、逮捕・起訴された多くの芸能人らが保釈後に見せる謝罪シーン。今回もお決まりの場面を写真や映像に収めようと、署の正面前で早い時間から、200人超の報道陣が待機していた。

 しかし、出てきたのは裏門。すでに署の地下から車に乗り込み、外からは一切、見えないようにして走り去っていった。

 ある芸能関係者はこう明かす。

「署を出たあと、個室のある都内の総合病院に入っていった。名目的には治療とされている。所属事務所のエイベックスは、沢尻被告に報道陣の前に出て謝罪するように説得したが、本人が嫌がったようだ」

 東京湾岸署での謝罪場面が見られるようになったのはいつごろからだろうか。

 芸能評論家の三杉武氏はこう話す。

「10年前に逮捕された女優の酒井法子さんあたりから、警察署から保釈される際、正面玄関に集まった報道陣に対し、芸能人が謝罪をするのが恒例行事となっていました」

 東京湾岸署は2008年に完成し、周囲に住宅や商業施設がなく、混乱を避けられることから、芸能人を留置する際に利用されることが多いとされている。

 謝罪なしの保釈といえば、大麻取締法違反などの罪で起訴され、3日に東京湾岸署から保釈された、元五輪代表のプロスノーボーダー・国母和宏被告は、帽子に口ひげ、サングラスをしてタクシーに乗り、報道陣の前を走り去っていった。

 だが、広告スポンサーや多くの関係者に損害を及ぼした芸能人は立場が異なる。

 酒井法子の他にも、14年に覚醒剤取締法違反などの罪で起訴されたASKAは、黒のスーツとネクタイに茶色の眼鏡姿で、報道陣やファンの前で深々と一礼した。大きな声を発することはなく、口を結んだまま迎えの車に乗り込んだ。
 今年4月、麻薬取締法違反罪で起訴されたピエール瀧も東京湾岸署で、黒のスーツとネクタイ姿で正面入り口に現れ、一礼すると、「この度は私、ピエール瀧の反社会的な行為で多くの方にご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。誠に申し訳ございませんでした」と大きめな声でそう述べ、約30秒にわたって深々と頭を下げた。

 6月には、大麻取締法違反(所持)の罪で起訴された元KAT−TUNのメンバーで歌手の田口淳之介が、保釈の際、正面玄関で謝罪の言葉を述べ、15秒ほどその場で土下座した姿は記憶に新しい。

 三杉氏は、今回の警察署での沢尻被告の対応をいぶかしむ。

「土下座まではやり過ぎだと思いますが、これだけ世間を騒がせていたのに、報道陣を避けるようにこっそりと裏門から出るのはイメージ的に良くないと思いました。何かしら誠意のある対応をとった方が、本人にとってもプラスに働いたのではないでしょうか」

 沢尻被告はその後、所属するエイベックスの公式ホームページを通じ、

「この度、関係者の皆様、ファンの皆様をはじめ、たくさんの方々に大変なご迷惑とご心配をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます」

 などとするコメントを発表した。

 とはいえ、今後、沢尻被告にとっては厳しい現実が待ち受けていそうだ。

「すでに収録をしていた大河ドラマだけでなく、CMに多数出ていたので損害賠償は億単位と言われています。信用の回復もそうですが、薬物に10年前から手を出していたとなると、たとえ復帰したとしても、彼女を起用するリスクを払拭(ふっしょく)するのは難しいでしょう」(三杉氏)

 次に表に姿を現した時、本人の口からはどんな言葉が発せられるのだろうか。

●沢尻エリカのコメント全文

 この度、関係者の皆様、ファンの皆様をはじめ、たくさんの方々に大変なご迷惑とご心配をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます。

 多くの方々を裏切ってしまったことを心の底から後悔しております。

 今後、違法薬物と決して関わりを持つことのないよう、人間関係を含めたつながりを一切断つことを固く決意し、専門家の指導も受けて、立ち直ることをお約束します。

 本日は、その第一歩として、検査を受けるため、医療機関へ向かわせて頂きました。書面でのお詫びとなることにつき、ご理解とご容赦を賜りますようお願い申し上げます。

2019年12月6日                      沢尻エリカ

(本誌・岩下明日香)

※週刊朝日オンライン限定記事









このニュースに関するつぶやき

  • 俺は『誠意』とか言って土下座を求めるよーなクズが嫌いだな。    謝罪した方が得だというのは本人の利益の話で、俺はいらない。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 玄関で頭を下げるかと思ったのに。
    • イイネ!13
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

ニュース設定