ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 自分は嫌われているな……と感じることはある?挨拶をされない、直接「嫌い」と言われるなど、ママたちの経験は?

自分は嫌われているな……と感じることはある?挨拶をされない、直接「嫌い」と言われるなど、ママたちの経験は?

12

2019年12月07日 09:31  ママスタジアム

  • 限定公開( 12 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


ママ友や職場の仲間など、日常生活ではいろいろな人間関係がありますよね。その関係が良好であれば毎日の生活は楽しくなるでしょう。しかしなんだかぎこちないと感じてしまうこともあるかもしれません。ママスタBBSでも人間関係を気にするママからの投稿がありました。
『あっ! 嫌われていると気づくのは、どんなとき? 私の場合、よそよそしい態度とか話が弾まないとか雰囲気が冷たいとか、そんな感じです』
投稿者さん自身も、嫌われていると感じることがあったようですね。では、他のママたちの場合は、どのようなときに「嫌われている」と感じるのでしょうか。

よそよそしい態度をとられたとき


『遊びに誘っても何かと理由つけてキャンセル。向こうからのお誘いはなし』
『みんなで話していて、嫌われてる人が来た瞬間話が止まって、みんなでアイコンタクト』
遊びに誘っても断られ続けたり会話に入れなかったりすると、嫌われていると感じてしまうママがいるようです。みんなの会話に入れなくなるとなんだかよそよそしくされているな、と感じてしまいそうですね。

目を合わせない、合わせてもすぐにそらす

『目を合わせない、話しかけない』
『目が合ったのに露骨にそらされたとき』
『目を合わせて挨拶したら、すっとそらされて他に行かれた。それが何度もあった』
人と話をするときには、相手の目を見ますよね。それが一つのマナーでもあるでしょう。でも目が合ったとしてもすぐにそらしてしまったり、そもそも目を合わせない人もいるようです。目をそらすということは、もう話をしたくないという意思表示のように受けとってしまいますね。そのため避けられているとか、嫌われていると感じてしまうようです。

挨拶をしない、挨拶としても無愛想

『こちらから挨拶しないと、挨拶をしてくれないとき』
『こっちを見ないで無愛想に挨拶された。性格悪いとは思っていたけれど、あそこまで悪いとは』
『声のトーンが違う』
人とのコミュニケーションの基本のひとつは挨拶をすることでしょう。でも挨拶さえないとなると、基本のコミュニケーションさえとりたくない存在なのだな、と感じてしまいそうです。また他の人と自分への挨拶で、声のトーンが明らかに違うこともあるようです。自分への挨拶の時に声のトーンが暗くなってしまうと、挨拶をしたくないのかなと感じてしまいますね。

自分だけ仲間外れ

『自分が嫌われてるなと思うときは、知らない間に皆で遊びに行っていたりするときかな』
『この間学校行事で、お昼を挟んでいたから1人ランチをした。学校戻るときに、子どもの習い事&マンション同じママが共通のママと食事を済ませて出て来るところだった。共通ママと話していたら、習い事&マンション同じママに誘われたみたい。私、誘われなかったと思って』
他のママ友が遊びや食事などに誘われているのに、自分だけ誘われないとなると、距離を置かれているように感じてしまいますね。ただ、誘う方にも何か都合があることも考えられます。誘われないのが1回、2回であれば、嫌われていると言い切れないかもしれません。

直接「嫌いだから」と言われた


『面と向かって「嫌いだから、目障り」とハッキリ言われた。だから他のママからランチ誘われても、そいつがいるから行かない』
普段の態度から嫌われていることがわかるケースも少なくありませんが、コメントをくれたママの場合には、直接言われたようです。面と向かって誰かに「嫌い」ということは社会人としての礼儀やマナーに欠けているといえますが、はっきりと相手の感情がわかれば近づかないようにするなど対応はしやすくなるのではないでしょうか。

人との付き合いでは、大人としてのマナーも必要

『顔つきまで変わる人もいる。いい歳した大人が、こんなあからさまに使い分けするんだ……と軽蔑している。自分だったら絶対できないわ。最低限の常識やモラルくらいあるから』
もし嫌いな人や苦手な人がいるとしても、ママ友や職場での人間関係がある以上、常識やモラルは最低限、必要ではないでしょうか。相手のことを嫌だなと思うのは仕方ないことでしょう。しかしお互いに感情をむき出しにせず最低限のマナーを守って接することが良識ある大人としての対応ではないでしょうか。

”嫌われているな”と感じることがあったら相手を刺激することのないように接点を減らし、相手の自分に対する捉え方や考え方が変化するのを待つ方法もありそうです。相手の考え方が変わるのを待つ間、少なくとも自分は挨拶など人間関係の基本的なマナーを守って行動したいですね。

文・川崎さちえ 編集・しのむ

■ママスタセレクトで読む

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定