ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『スカーレット』第61話では、喜美子(戸田恵梨香)のために信作(林遣都)が手引きをする

『スカーレット』第61話では、喜美子(戸田恵梨香)のために信作(林遣都)が手引きをする

1

2019年12月07日 10:11  リアルサウンド

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『スカーレット』写真提供=NHK
『スカーレット』写真提供=NHK

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『スカーレット』。12月9日放送の第61話では、喜美子(戸田恵梨香)のために信作(林遣都)が手を引く。


参考:『スカーレット』草間の金言冴え渡る 喜美子が自分の気持ちに向き合うきっかけとなるか


 八郎(松下洸平)が信楽焼きのかけらを見に川原家を訪れた第60話。第61話では、精一杯の思いを伝えた喜美子が八郎に抱きよせられたところを常治(北村一輝)に目撃され、怒った常治が八郎を殴り飛ばしてしまう。喜美子は懸命に八郎への思いや陶芸のことを説明しようとするが、常治はまともに話を聞いてくれない。すると、信作の手引きで、喜美子は八郎の住まいを訪ねることに。真面目な八郎は、喜美子のことを真剣に考えているが故、喜美子を帰そうとして言い合いになる。


 焼き物の里・信楽を舞台に、女性陶芸家・川原喜美子が、モノを作り出す情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげずに生きていく波乱万丈の物語。主演の戸田恵梨香をはじめ、北村一輝、富田靖子、大島優子、林遣都、桜庭ななみ、福田麻由子、松下洸平、佐藤隆太らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定