ホーム > mixiニュース > トレンド > 夢のお刺身食べ放題や絶品土産に注目!「漁港の駅 TOTOCO小田原」がオープン【神奈川】

夢のお刺身食べ放題や絶品土産に注目!「漁港の駅 TOTOCO小田原」がオープン【神奈川】

8

2019年12月07日 15:00  じゃらんニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

じゃらんニュース

写真写真

2019年11月22日(金)に『漁港の駅 TOTOCO小田原』がグランドオープンしました!相模湾の新鮮な魚介類をはじめ、全国各地から水産物が集まる小田原漁港。その漁港から直送される鮮魚や活魚、水産加工物、地元産の農産物や土産品の販売が行われています。

さらに、新鮮な魚が味わえる食事処や、絶景が望めるテラス、イベント広場もあるというまさに「お魚のテーマパーク」、早速潜入取材をしてきたのでたっぷりご紹介いたします♪

記事配信:じゃらんニュース

漁港の駅 TOTOCO小田原がオープン

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

2019年11月22日(金)に、神奈川県小田原市にオープンしたに『漁港の駅 TOTOCO小田原』は、神奈川県西部最大の魚市場と言われる小田原漁港の交流促進施設として、地場産の鮮魚や加工品、土産物の販売、食事処やイベント広場を備えた小田原の地場産品の魅力を発信する日本初の「漁港の駅」です!

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

こちらの施設は3階建てになっており、階ごとに楽しめるコンテンツが詰まっています。1階は鮮魚・活魚、水産加工物、農産物の販売。

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

2階はフードコート(小田原漁港とと丸食堂、バル Riso Divino)、休憩所、テラス

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

3階はおさしみ天国・小田原海鮮ゴーゴー

水揚げ・加工処理・販売を一体の土地で行っているので、水揚げされた新鮮な海鮮を味わうことができる最高の仕組みが整っています。名前の由来にある魚々(とと)の宝庫(こ)、まさにその通りおいしい魚の集まる最高の空間になんです。

お得すぎる!おさしみビュッフェレストランで海鮮を食べ尽くす

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

3階にあるおさしみビュッフェレストラン「おさしみ天国・小田原海鮮ゴーゴー!!」。

人生で一回お刺身をお腹いっぱい食べてみたいという夢を叶えてくれる、こちらのお刺身食べ放題。所せましと並ぶ新鮮なお刺身が乗っているこちらのビュッフェ台、実際に使われていた漁船を使用しているそうです。

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

こちらには、その時々の新鮮なお魚が並ぶそう!どんなラインナップなのかは行ってみてのお楽しみです♪

夢の乗せ放題海鮮丼をつくってみた

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

お刺身はその日の新鮮な魚介が並びます。この日並んでいたのは、生キハダ鮪刺・脂びんちょう鮪・バチ鮪刺・ワラサ・イナダ・鰹のたたき・イクラ・ネギトロ・とびっこ・おさしみの漬けです。

かなりぶ厚くて、キラキラ輝くお刺身に心を躍らせながら思う存分盛っていきます。好きな魚のお刺身を多くしたって、全種類乗せたって誰にも怒られません。なんて素晴らしい空間なんだ…。

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

そしてできた私だけの夢の海鮮丼がこちら!遠慮することなく全種類乗せました、全部乗せているところを店員さんに見られても嫌な顔は一切されませんでした。

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

食べ放題だからといって薄くも小さくもない。むしろ分厚くて輝いているこのお刺身、自然と顔がほころびます。

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

おいしい〜!キラッキラで新鮮、なんといっても自分で作ったから、なんだかさらに美味しい。お醤油とさらにゴマダレがあり、醤油はストレートにお魚を味わえて最高なのですが、ゴマダレが魚の旨味にコクをプラスしてくれて新発見のお味でした!ぜひご賞味あれ。

乙女心くすぐる海鮮パフェ

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

こちらでは、どんぶりではなくかわいらしい貝殻型のガラスの器に盛る「海鮮パフェ」をつくることもできちゃいます♪断面に海鮮やオオバ、錦糸卵の層が色とりどりに並び、作る楽しさ・見るときめきと一石二鳥な海鮮パフェ。

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

幼少期からいくらラバーの私は、いくらをてんこもりに!見てください、このいくらちゃんのキラメキ。口にいれてもプチプチと食感と弾力があり、他の海鮮もすべて文句なしにおいしい。

とろろやオクラなどもあるので味変でネバネバ丼にするのも最高です!さらに、海鮮の旨味をとじこめた濃厚魚介出汁があり、ひつまぶし感覚で最後までおいしくいただけます♪

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

海鮮の他にもしらすやぶり大根や明太子、あら汁などなどお惣菜も見逃せません!あら煮大根は具が大振りで、とっても食べ応えのある一品です。

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

デザートも充実していて、このミルクプリンがもっちもちで特においしかったです。

■おさしみ天国・小田原海鮮ゴーゴー!!
[営業時間]10時59分〜17時(L.O. 16時)
[料金]<大人>2849円 <子供>1529円(小学生以下)

「小田原漁港とと丸食堂」で海鮮メニューに舌鼓

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

2階のフードコートにある「小田原漁港とと丸食堂」では小田原の新鮮な海鮮を使ったメニューを楽しむことができます。あっと驚くビジュアルから、味の想像がつかないようなものまで多種多様のメニューがあるので少しだけご紹介します!

とと丸海鮮ラーメン(1780円)

小田原漁港とと丸食堂
出展:じゃらんニュース

「新鮮な魚を食べられる漁港に来たなら、生魚でしょ!」そんな陳腐な考えを持っていた私、本当に反省しています。取材だから色んなもの食べ比べたい!と思い注文したのですが口にした瞬間本当に感動したんです…。

小田原漁港とと丸食堂
出展:じゃらんニュース

まずはスープをと蓮華で一口と運んだ瞬間、私の口に海が広がりました。この一見あっさりそうに見える白濁したスープが、もう海鮮の旨味という旨味が詰まっていて、おいしいのなんの。

なんでこんなにおいしいんだと思いながらおもむろに具をあさっていると、牡蠣・蟹・海老・はまぐり・さざえ・あさりなど、ゴロゴロゴロゴロ大きな具材たちがたくさん!海鮮ラーメンに入っている牡蠣とかってどうしても縮んでしまうイメージなのですが、もうその大きさとぷりぷり具合は衝撃的です。

小田原漁港とと丸食堂
出展:じゃらんニュース

極細ストレートの麺もしっかり旨味をキャッチしながら、海の幸の風味を口に運んでくれます。このお値段でこのクオリティ・量の海鮮具材は正直かなりコスパです!新鮮で本当においしい魚は、調理された後でも圧倒的なおいしさなのだと痛感しました。

うに塩ソフト(500円)

うに?ソフトクリーム?とハテナいっぱいになりながら、未知なる味への探求心で注文。まず出た感想は、なんだかよくわからないけどおいしい!

小田原漁港とと丸食堂
出展:じゃらんニュース

塩味にまろやか〜なうにの味がマッチして、甘じょっぱさがくせになります!ひと口で甘いとしょっぱいが完結しながら、お互いの味を最大限に生かしています。

この二つの味ってどうして延々に食べたくなる気分になってしまうんですかね。甘みの後に塩気が欲しい、次は甘み…と延々にパクパク食べてしまいました(笑)。

とと丸頂上丼(2480円)

小田原漁港とと丸食堂
出展:じゃらんニュース

お店イチオシのこちらのメニュー。これでもかというほど海鮮が盛られており、名前のとおりまさに山の頂上を思わせます。迷ったらコレ!の王道海鮮丼メニューです。

小田原漁港プリン(450円)

小田原漁港とと丸食堂
出展:じゃらんニュース

小田原漁港とと丸食堂
出展:じゃらんニュース

言葉を失いそうなほどかわいらしいこちらのプリン。金魚鉢のような器で2層にわかれており、上からみると金魚が泳いでいてずっと眺めていられそう。お土産にも喜ばれるし、思い出を話しながらお家に帰ってみんなで食べるのもいいですね♪

■小田原漁港とと丸食堂
[営業時間]10時〜17時(L.O.16時)

TOTOCOオリジナル土産やお惣菜も♪

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

1階には小田原漁港で水揚げされた海産物を取り扱う「小田原市漁協 ほうじょうのめぐみ」、生産者さんが丹精込めて育てた自慢の野菜や果物が並ぶ「農産物直売所」さらには総菜売り場の「和惣菜 割烹 石橋」も。

そしてこだわりの品、充実した品ぞろえが自慢のお土産コーナーを少しご紹介します!

海のぺっちゃんズ(各486円)

海のぺっちゃんズ
出展:じゃらんニュース

今回のオープンに向けて立ち上げられた、6つのお土産ブランド。そのひとつに魚八商店があり、こちらではおつまみ商品が取り扱われています。

中でも「海のぺっちゃんズ」という海の素材をそのままプレスしたスナックは、ふわっと軽い食感で、おやつにもおつまみにもなりそう♪

海のぺっちゃんズ
出展:じゃらんニュース

見た目もこのようにかわいいパッケージのため、ちょっとしたプレゼントにも喜んでもらえそう!種類はえび、ちりめん、のりちりめん、貝柱とあるので食べ比べをしても楽しいかもしれませんね♪

旨こちくわ(各648円)

旨こちくわ
出展:じゃらんニュース

他にも練り物を取り扱う「Sakkana(サッカーナ)」からは、昔から人々に愛されてきた変わらない形のちくわが。お味はプレーン・カレーガーリック・トマトバジルの3種類!

このトマトバジル、バジルの主張がしっかりしているのですが練り物のの旨味がお互いを助長し合ってなんとも深い味わい。絶対にワインに合うお味と確信し、ちくわのグローバル化に恐れ入りました。

味噌ディップ(627円)

味噌ディップ
出展:じゃらんニュース

こだわりの味噌を取り扱う「いいちみそ」からは、「味噌ディップ」がおすすめ!

いいちみその伝統の味わいと大葉、そしてなんとオリーブオイルがブレンドされているんです。もろみ味噌とか味噌ディップって少し塩辛いものが多いと思うのですが、こちらはオリーブオイルによってその塩辛さが緩和されていてさらにコクが深くなっているんです!

ノーマルに野菜スティックと食べるも良し、罪深く白米にのせて食べるも良しの使い方無限大の一品です。

テラスからの眺めも最高♪

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

そしてまず現地で一番に感動するのは、この相模湾を一望できる展望テラス!潮風にあたりながらキラキラと反射する海辺をぼーっと眺めるだけで、大満足♪

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

漁港の駅 TOTOCO小田原
出展:じゃらんニュース

真っ青の海をバックにインスタ映えする写真も撮れちゃいます♪巨大な干物は一緒に並ぶも良し、一緒に干されるも良し、それぞれ思い思いの写真を撮ってくださいね♪

まとめ

2019年11月22日(金)にグランドオープンした『漁港の駅 TOTOCO小田原』をご紹介しました!

小田原の海の幸を思う存分味わえるレストランやフードコート、ここでしか買えないお土産など、小田原の魅力がぎゅっと詰まっていました♪

大人気になること間違いなしの『漁港の駅 TOTOCO小田原』に、ぜひ足を運んでみてくださいね。

■漁港の駅 TOTOCO小田原
[TEL]0465-20-6336
[住所]神奈川県小田原市早川1-28 小田原漁港西側エリア
[営業時間]【平日】9時〜17時
[定休日]年中無休
[アクセス]【電車】JR 早川駅より徒歩10分 【車】小田原厚木道路小田原西ICから4分
「漁港の駅 TOTOCO小田原」の詳細はこちら

※この記事は2019年12月時点での情報です

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • これはインパクト強いexclamation ��2
    • イイネ!13
    • コメント 1件
  • これはインパクト強いexclamation ��2
    • イイネ!13
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ニュース設定