ホーム > mixiニュース > トレンド > 劣悪!ブラック企業のリアル「GPSで社員を監視。サボったら休日出勤」「毎日1時間以上のパワハラタイム」

劣悪!ブラック企業のリアル「GPSで社員を監視。サボったら休日出勤」「毎日1時間以上のパワハラタイム」

7

2019年12月08日 08:50  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

いよいよ、毎年恒例のブラック企業大賞が発表される時期だ。ブラック企業に対する風当たりは年々厳しくなっているとはいえ、従業員を酷使する企業は多い。IT系技術職の30代男性はキャリコネニュースに、

「交通事故の時に『お前が運転してたことにしてくれんか?俺、会社で運転止められてるから』」

という声を投稿している。技術職の40代男性が過去に勤めていた会社も「年間休日が約5日」というブラックぶり。タイムカードもなければ、残業代支給もなく、「髪を切りに行く時間さえなく、当時は長髪だった」という。

週1〜2で徹夜、カプセルホテルの割引券を支給される

さらに男性は、元職場について綴っている。

「週1〜2日の徹夜がありましたが、なぜか会社に泊まることは許されませんでした。近くのカプセルホテルの割引券を支給され、夜中の2時ごろになると強制的に会社を追い出されます。そのままカプセルホテルに泊まり、8時には出社していました」

しかも、上司も自らそれを率先していた。男性は、「そのことが何よりも恐ろしいブラックだと思いました」と綴っている。

IT系技術職の30代女性は、元職場の陰険な体質を語る。定時になると強制的にタイムカードを打刻させられ、サービス残業が始まる。特に仕事が残っていなくても、なぜか「1時間は残らないとダメ」というルールもあった。さらに、

「毎日1時間おきに携帯のGPSで、営業や配達で外出している社員の居場所を確認。過去にサボっていたことがある社員は、本来休みの日も仕事をさせていた」

という。

出勤時間は8時30分だが、その30分前に出社し、トイレ清掃から始まる

建築・土木系技術職の30代男性は、やりたい放題な同族経営の職場について明かす。現在は「解放されつつある」というが、その実態はとんでもない。「仕事内容、従業員数や給与について全くの出鱈目」といい、親子が会長・社長につく。そんな2人の仕事っぷりは、

「素人に毛が生えた程度のレベルなのでクレームの嵐が多く、中途半端にあれこれと手を付けるので経験者の方はとても嫌がる環境です」

だという。給与についても、「社長の気分で出勤日数等を減らされるので、たった五桁台と雀の涙のときも」という。この給与では実家暮らしでは無い限り厳しく、従業員の人数も実際は2人しかいなかった。さらに、

「会長からのお達しで、作業中の水分補給は禁止にも関わらず、会長は私たちの目の前で缶ビールを開けて一杯始めます。社長も仕事中にコンビニへ買い物に行く始末。工場内に自家用車を入れワックスがけまで始めるなど、社会人としてどうかと思う行動ばかりです」

出勤時間は8時30分だが、その30分前に出社し、トイレ清掃から始まる。そこから「社長と会長による、どうでもいい長話が約1時間続く」という。仕事の説教もあり、長いと2時間に及ぶこともあるという。男性は

「このパワハラタイムが原因で、過去に3人がストレス障害を発症して退職しました。私も心療内科に通院中で、近いうちに退職予定です」

といい、現在は転職活動をしているという。

※キャリコネニュースでは引き続き「ブラック企業経験談」や「年末年始、休めますか?」に関するアンケートを募集しています。

【みんなで投稿】あなたの経験したブラック企業エピソード

このニュースに関するつぶやき

  • 病む前にとっととやめようぜ\(^o^)/
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定