ホーム > mixiニュース > トレンド > 【知っ得】スタバ2020年1月から「紙ストロー」を導入! フラペチーノ用ストローは5月から切り替えるそうです

【知っ得】スタバ2020年1月から「紙ストロー」を導入! フラペチーノ用ストローは5月から切り替えるそうです

3

2019年12月08日 08:52  Pouch[ポーチ]

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

「サステナブル(持続可能)な社会」を目指して、世界中の各企業がエコな取り組みを行っている昨今。スターバックス・ジャパンが、2020年1月から順次、全国の店舗で紙ストローの提供を開始すると発表しました。

これにより年間約2億本分(!)のプラスチックストローが削減できるといいます。

【フラぺ用ストローも紙製に!】

紙ストローに使用されるのは、森林環境を守るべく厳しい基準で審査された「FSC認証紙」。

1月から段階的にスタートして、3月には全店に導入予定。なお、5月からは一般的な太さのストローだけでなく、フラペチーノなどに使用する太めのストローも紙製に切り替えられるそう。

さらに、今後はストローだけでなく、店内で使用するその他の使い捨てプラスチック資材も削減していく方向のようです。

【後に続く企業が増えそうですね】

スターバックスが、全世界の店舗において使い捨てプラスチックストローの廃止を発表したのは2018年7月。さまざまな検証を行った結果、紙製ストローの使用に行きついたようです。

世界中で知られる企業がエコな取り組みを率先して行えば、おのずと多くの人の目に留まり、意識するようになるはず。おそらく、後に続く企業も増えることでしょう。

気になるのは紙ストローの使い心地です。導入時期はもうすぐそこですが、1日も早く使ってみたいものですねっ。

参照元:スターバックスコーヒー ジャパン
執筆:田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る

    あなたにおすすめ

    ニュース設定