ホーム > mixiニュース > トレンド > 長坂常設計のソロワーキングスペース「Think Lab 汐留」が2020年2月にオープン

長坂常設計のソロワーキングスペース「Think Lab 汐留」が2020年2月にオープン

0

2019年12月08日 13:12  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真Think Lab 汐留 イメージ Image by: Think Lab
Think Lab 汐留 イメージ Image by: Think Lab
 「ジンズ(JINS)」が展開する会員制ワークスペースの「シンクラボ(Think Lab)」から、新モデル「Think Lab 汐留」が2020年2月3日にオープンする。

 Think Lab 汐留はカレッタ汐留の地下1階に入居し、延床面積は約135平方メートル。「時間的解放」「空間的解放」「社会的解放」の3つをキーワードにソロワーキングスペースのみを配置し、一人で集中できる環境を提供する。空間設計はスキーマ建築計画を主宰する長坂常が担当。誰とも会うことなく他人の目線や動きを気にせず時間を過ごせるよう導線に工夫を取り入れ、植物や自然音、照明、オリジナルアロマなどを用いて五感を通して集中しやすい環境に演出するという。
 座席数は31席を用意し、創造的思考・論理的思考の2つの目的に分けて椅子を選定。視界の高さも3段階に分け、その日の利用目的に応じて座席を選ぶことができる。利用料金は1席15分あたり税別250円。
【オフィス訪問レポ】家具はコクヨファニチャー製「ジンズ」東京本社に行ってみた(2016年1月掲載)
■Think Lab 汐留オープン日:2020年2月3日(月)住所:東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留 地下1階営業時間:7:00〜23:00 ※年中無休座席数:31席面積:134.66平方メートル料金:250円/15分(税別)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定