ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 片寄涼太&橋本環奈『0キス』3日間で15万人以上動員

片寄涼太&橋本環奈『0キス』3日間で15万人以上動員

0

2019年12月09日 21:12  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真6日に公開された『午前0時、キスしに来てよ』 (C) 2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会
6日に公開された『午前0時、キスしに来てよ』 (C) 2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会

 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈がダブル主演を務める映画『午前0時、キスしに来てよ』が6日に封切られ、3日間で観客動員数15万人を突破した。


 『四月は君の嘘』などで知られる新城毅彦監督が、みきもと凜の同名人気コミックを実写映画化した本作。国民的スターの綾瀬楓(片寄)と、王子様との恋にあこがれる女子高生・花澤日奈々(橋本)の秘密の恋を描き出す。


 6日に全国255館で公開されると、初日から3日間で累計15万9,000人以上を動員。土日2日間(12月7日〜12月8日)の全国映画動員ランキングでは、『アナと雪の女王2』『ルパン三世 THE FIRST』に次ぐ3位にランクイン、実写邦画としてはトップを獲得するという滑り出しを見せた。


 観客層は10〜20代の女性が中心。ぴあ映画初日満足度ランキングでは90.5点で3位につけ、SNSでも「キュンキュンすぎて胸が痛い」と胸キュン描写への反響があがっている。(編集部・吉田唯)


【関連情報】
奇跡の美しさ!橋本環奈のシンデレラ風ドレス姿【写真】
橋本環奈、双子の兄がいた!ツーショットを初公開
片寄涼太、橋本環奈にひざまずく!『0キス』まるでおとぎ話な本編映像

    あなたにおすすめ

    ニュース設定