ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > サインツJr.、2019年を振り返りマクラーレンF1への移籍が正しかったことを確信。「ランキング6位は何よりも望んでいたこと」

サインツJr.、2019年を振り返りマクラーレンF1への移籍が正しかったことを確信。「ランキング6位は何よりも望んでいたこと」

0

2019年12月10日 07:41  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真サインツJr.はマクラーレン移籍後の好成績を喜んでいる
サインツJr.はマクラーレン移籍後の好成績を喜んでいる
 カルロス・サインツJr.は、自身最高のF1シーズンとなった2019年は、マクラーレンへの移籍が正しかったことを証明したと語っている。

 サインツJr.は2015年にトロロッソからF1でのキャリアをスタートさせており、同チームでの最後のシーズンはルノーへと貸し出される形になっていた。しかしながらルノーがダニエル・リカルドを迎え入れることを決定したため、サインツJr.はチームとの長期に渡る関係を築くチャンスを逃している。

 こうした状況下でサインツJr.は、その後の活動について悩んでいた。最終的に、彼はホンダとのエンジンパートナーシップにより近年は低迷していたマクラーレンと契約を結んでいる。

 総合的に見て将来を約束するような兆候はなかったが、サインツJr.と新人ランド・ノリスによって持ち込まれた新たな活力が、2019年のチームに奇跡をもたらした。

 マクラーレンはコンストラクターズ選手権において4位を獲得。サインツJr.自身もドライバーズ選手権で6位となり、“トップ3以外での最高位”の座につけた。

 そのなかでサインツJr.はブラジルGPにおいてF1キャリア初の3位表彰台を獲得し、マクラーレンにとっても2014年以来初となるトップ3を達成している。

 25歳のサインツJr.によると、この結果は、冬の間の難しい決断を正当化する以上の意味合いを持つという

「マクラーレンに移籍したときに良い感触があったんだ。2018年末の状況が、あまり将来を約束するようには見えなかったとしてもね」と彼はF1公式サイトに対して語っている。

「多くのエンジニアたち、たくさんの人たちと会話をしてきた。このプロジェクトそのものが、ただ僕に良い感触を与えたんだ」

「それが好成績と関係があるのかどうかすら分からないけれど、そうした感触がすぐに結果に反映されていった。それにマクラーレンのアプローチの変更や、チーム構成の大きな変更もね」とサインツJr.は続けた。

「僕らは(チームの)ランキングで4位になり、しばらくぶりの表彰台を達成した。突如として、そうしたことが正しい動きだったように見えてきたんだ! (ドライバーズ)ランキングでの6位は、僕が何よりも望んでいたことだ」

「昨シーズンのブラジルGPをフィニッシュしたときのことを覚えている。そして、自分がチームで何を成し遂げられるのかなんて知らずにマクラーレンに行った。(今や)僕は自分のキャリアのなかで最も強力なシーズンを過ごしたし、マクラーレンにとっても久しぶりの強力なシーズンとなった」

「とても満足だよ」とサインツJr.は輝くような笑顔で言った。

「素晴らしい人々が非常に高いレベルでパフォーマンスを発揮し、さらに前進しようというハングリー精神とモチベーションを持っているんだ。そういうところが見られて嬉しい」

 2015年から2017年までのホンダとの低迷期を経て、マクラーレンはルノーエンジンに支えられながら復活を遂げた。しかし、来シーズンは引き続きルノーエンジンを使用するものの、チームのパワーユニットは2021年にメルセデスのものに変更となる。

 この関係は、1995年から2014年にかけて、3度のドライバーズタイトルと1度のコンストラクターズタイトル、そして78勝を獲得した時期を思い起こさせるものだ。しかし、マクラーレンにはチャンスもあれど、まだリスクもあると言える。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定