ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > ベガルタ仙台 渡邉監督が退任

仙台、5年連続で残留に導いた渡邉晋監督が退任「私の心の中で生き続けます」

17

2019年12月10日 11:35  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真仙台の渡邉晋監督が退任 [写真]=Getty Images
仙台の渡邉晋監督が退任 [写真]=Getty Images
 ベガルタ仙台は9日、渡邉晋監督が今季限りで退任すると発表した。

 現役最後の4シーズンを過ごした仙台で指導者としてのキャリアをスタートさせた渡邉氏は、ヘッドコーチなどを経て2014年途中に監督に就任。以降5シーズンに渡って、相次いで主力選手を引き抜かれながらもクラブをJ1残留へ導いてきた。

 渡邉氏は退任に際して、以下のようにコメントを発表している。

「選手として加入してから19年、私にたくさんのチャンスと何にも代え難い貴重な経験を与えてくれたクラブに心から感謝しております。本当にありがとうございました。そしてベガルタサポーターの皆さん。多くの声援と笑顔、そして涙。それら全ては私の心の中で生き続けます。本当に、本当にありがとうございました。ベガルタ仙台の今後の発展を心から願っています」

このニュースに関するつぶやき

  • 本人の申し出で辞任ならわかるが、クラブの側が契約更新しなかったとなるとどうかと思う。渡辺監督は名将だとおもうけどな。毎年戦力を引き抜かれまくってよくやっていると思うよ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ああ、やっぱりか…。ホーム最終戦のセレモリーでの渡邉監督のスピーチに不穏な感じを感じたって、言ってたサポーターが結構いたからね
    • イイネ!10
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(9件)

あなたにおすすめ

ニュース設定