ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > 日清「どんPay」考案も断念

日清が食べられるキャッシュレス決済「どんPay」を考案するも断念 「誰も求めていないことに気づいた」

45

2019年12月10日 12:43  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ふっくらおあげの「どんPay」の開発は断念
ふっくらおあげの「どんPay」の開発は断念

 日清食品は12月10日、ファミリーマートの「ファミペイ」とのコラボキャンペーン「どんPay」開始を発表しました。どん兵衛のふっくらおあげを採用した「食べられるキャッシュレス決済」として、乱立するキャッシュレス決済サービスに一石投じようとしたはずが……。



【動画】どんPayの告知CM



 「どんPay」はファミペイを使って「どん兵衛」を購入する行為のこと。日清は当初、おあげを活用したキャッシュレス決済サービスを構想し、告知動画まで用意していました。しかし「実装までの開発期間が限られている」「そもそも『食べられる』キャッシュレスを求めている人が少ない」ことに気付いてしまいます。おいしく食べられる「可食性」ふっくらジューシーな「食感」といった、他のPayサービスにはない比較優位性を期待されていましたが、開発中止という苦渋の決断に至り、最終的に着地したのがファミペイとのコラボキャンペーンでした。



 開発は中止になったものの、どんPayは2種類の告知動画を公開。1つ目は「どん兵衛からキャッシュレス社会に一言」として、海をバックにどん兵衛がキャッシュレス戦争に意見をもの申すというもの。画面いっぱいに表示された字幕に、時事ネタで社会に一言投げかける既視感のある動画です。そのスタイルから分かるように、お笑いYouTuberの「せやろがいおじさん」の協力で制作されています。



 2つ目はどん兵衛のおあげを片手に持つ宮川大助師匠がリズムに合わせてダンスするというもの。赤いメガネを着用したサスペンダー姿は、なぜか既視感があります。もちろん宮川大輔さんを起用したCMで注目を集めた「PayPay」には許諾を取っており、PayPayアプリの「きせかえ」機能にて「どんPay」デザインを選択できるというコラボも実現したとのこと(開始は12月11日10時から)。



 どんPayのキャンペーン期間は12月10日から2020年1月6日まで。ファミペイアプリでどん兵衛の対象商品を1点購入するとスタンプが1つたまり、5個ごとに「日清のどん兵衛」無料クーポンを受け取れます。スタンプは最大20個までためることができ、20個達成した人から抽選で50人に「日清のどん兵衛」1年分(366日分)のアプリクーポンが配信されます。また、どん兵衛を1個購入すると肉具材パックが1個もらえる「ゆく肉くる肉」企画も開催されます。


このニュースに関するつぶやき

  • 鹿児島銀行の「Payどん」よろしく〜。本当にあるから。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • それエイプリルフールでやることやろ。
    • イイネ!28
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(25件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定