ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > ドラマー山内"masshoi"優さん訃報 西川貴教「一緒に録った曲まだリリースしてない」、岡崎体育「最高のドラムや」

ドラマー山内"masshoi"優さん訃報 西川貴教「一緒に録った曲まだリリースしてない」、岡崎体育「最高のドラムや」

3

2019年12月10日 17:30  キャリコネ

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

アニサマバンドの一員でドラマーの山内"masshoi"優さんが12月4日、急性心不全のため37歳で亡くなった。山内さんはさまざまなアーティストのライブ・ツアーやレコーディングに参加していた人気ドラマーだ。

訃報を受け10日、ツイッターでは著名人から追悼ツイートが相次いだ。T.M.Revolutionの西川貴教さんは、

「山内"masshoi"優くんが亡くなった事を今知りました…信じられないです…一緒に録った曲まだリリースしてないのに…」

と投稿。岡崎体育さんは自身の楽曲「感情のピクセル」のMVを投稿し、「マッショイさんに叩いてもらってん。感情のピクセル。最高のドラムや。ご冥福をお祈りします」とコメントしている。

中川翔子「新曲を披露する練習みんなでしたこと昨日みたいに覚えてる」

いきものがかりの水野良樹さんは「同い年で、その若さで…。言葉がないです。いきものがかりでも、それ以外でも、様々な楽曲のレコーディングでお世話になりました。ご冥福をお祈り致します」と心境を吐露した。

サイキックラバーのギタリスト・IMAJOさんは「数え切れない程たくさん一緒に演奏して、プライベートでもたくさん遊びました。そんな仲間です。昨日福島会津までマッショイ君に会いに行きました」と明かし、

「相変わらずのイケメンでした。まだご冥福を、とか言う気になれなくて。残念です。迷わず天国に行ってね」

と綴った。タレントの中川翔子さんも「まっしょいさんの、告別式に参列してきました。信じられない、信じたくない。はやすぎる」と述べ、

「ギザレンジャーバンドとして10年近くドラム叩いていただいていました。ギザレンジャーの演奏で歌える時間が人生で一番大好きな時間。新曲を披露する練習みんなでしたこと昨日みたいに覚えてる」

と投稿している。

緒方恵美「こうやって記事になってしまったら、本当みたいで嫌だよ」

声優の緒方恵美さんも山内さんの訃報記事をリツイートし、「…ずっと信じられなかった。こうやって記事になってしまったら、本当みたいで嫌だよ、まっしょい君。嫌だよ」と綴っている。

歌手のLiSAさんも訃報記事をリツイートし、

「大切な一曲一曲に大切な一瞬一瞬に、沢山の方に愛と魂と命を一緒に注いでいたいだいて、音源からステージから、歌を届けさせていただいています。全部一人では出来ないことばかり。仲間とだから届けられたものばかり。ずっと味方でいてくれてありがとう。力強く背中を押してくれてありがとう」

とコメント。

ミュージシャンの大石昌良さんは「今までのほとんどの楽曲をマッショイくんと一緒に作り、ほとんどのツアーを彼のドラムに委ねました。自分のバンドのメンバーのようにも思っています」といい、

「あまりにも突然のことすぎて、まだ強烈な悲しみと向き合っていますが、徐々に受け入れるしかないのかなと思っています。本当に辛いです」

と明かした。ほかにも著名人・関係者からの追悼コメントが相次いでいる。

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定