ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 市原隼人、涙のわけは?抱腹絶倒“給食バトル”ついに決着

市原隼人、涙のわけは?抱腹絶倒“給食バトル”ついに決着

1

2019年12月11日 12:11  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

市原隼人主演、テレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビ他で10月より放送中のオリジナルドラマ「おいしい給食」の映画版『劇場版 おいしい給食 Final Battle』の特報が公開された。


給食マニアの教師・甘利田幸男と、給食マニアの生徒・神野ゴウによる、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描いた学園グルメコメディドラマ「おいしい給食」。映画版では、市原隼人演じる甘利田と、佐藤大志演じる甘利田最大のライバルであるゴウの給食バトルが遂に決着する?!


甘利田とゴウの“絶対給食愛者”の2人加え、ヒロインの女性教師・御園ひとみ役の武田玲奈、ゴウのクラスメイト・藤井マコ役にドラマ「死役所」(テレビ東京)の第4話でゲスト出演した豊嶋花、甘利田の同僚・鷲頭星太郎役の辻本達規(BOYS AND MEN)、世話好きの給食のおばさん牧野文枝役のいとうまい子、校長・渡田寛治役に『検察側の罪人』で鮮烈な印象を残した酒向芳とドラマから続投のキャストに加え、劇場版で新たに参加する、水野勝(BOYS AND MEN)、直江喜一、ドロンズ石本が加わり、類を見ない物語へとパワーアップ。


解禁された映像では、「奴のまわりが輝いているではないかぁ!!」と、なんともうまそげに給食を食べるゴウを食い入るように見る甘利田の姿が。終いには、「コレステロールさ〜ん」と、足を上げて身を乗り出し、涙を流し、「OH!NO〜」と気絶寸前。またしても甘利田敗戦ムードが漂う中、更なる高みへと昇り続ける“給食愛”はどんな結末を迎えるのか?今まで観たことのないはじけた市原隼人の姿を本映像で要チェック。


1980年代のある中学校を舞台に、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いをコミカルに描くドラマは、SNSで回を追うごと面白いというコメントが増殖中。抱腹絶倒の物語が、テレビから飛び出し、いよいよ劇場の大スクリーンで今世紀最大の給食バトルを巻き起こす。


笑いも感動も飯テロも、全てがスケールアップした『劇場版 おいしい給食 Final Battle』は、2020年3月6日(金)より全国公開。



<市原隼人コメント>

給食という題材を通して、大人と子どもや世の中に向けて伝えなければいけない核心を突いたメッセージも込められています。こちらが楽しみすぎていることが伝わるくらいブッ飛んだ作品でもあるので、コメディとして笑いながら楽しんでいただけたらうれしいです。


劇場版 おいしい給食 Final Battle

2020年3月6日(金)よりユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて全国公開

© 2020「おいしい給食」製作委員会

このニュースに関するつぶやき

あなたにおすすめ

ニュース設定