ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > ロボットが契約書めくって押印

ロボットが契約書をめくって自動で押印 手作業の負担を軽減 デンソーと日立が開発

86

2019年12月11日 13:13  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真サービスで使用するロボット
サービスで使用するロボット

 デンソーウェーブ、日立キャピタル、日立システムズは12月11日、ロボットとRPAを活用して契約書などの押印を自動化するサービスを発表した。金融機関や自治体など、契約書・請求書の電子化が進んでいない業界の押印作業を効率化する狙い。2020年3月から月額制で提供する予定。



【その他の画像】



 デンソーウェーブのロボットアーム「COBOTTA」2台とカメラで構成された専用のマシンを、PCに接続して使用する。COBOTTAは、アームの先端に装着した社印を押す作業と、書類のページをめくる作業を担う。ページをめくるたびに、カメラで書類を撮影し、押印欄を識別する仕組み。



 RPAは、カメラで撮影した書類の画像を分析。契約書・請求書といったカテゴリー別に分類した上で、PCにフォルダを作成し、画像を保存する。



 デンソーウェーブはCOBOTTAを提供し、日立キャピタルはサービスの提供窓口を担当する。日立システムズはRPAの初期設定や保守などを行う。



 3社は12月18日〜21日に都内で開かれる展示会「2019国際ロボット展」に同サービスを出展し、COBOTTAが自動で押印する様子を一般公開する予定。



 日立キャピタルの広報担当者は「顧客からヒアリングを重ねる中で、金融機関や自治体では、契約時に膨大な書類に角印を押す必要があり、作業が夜中までかかることもあると聞いている。今回のサービスによって負担を軽減したい」と話している。


このニュースに関するつぶやき

  • 技術力の無駄遣い。 https://mixi.at/ajxf3MF
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • これ誰が責任とるのよ。あと…だったら判子要らなくない?
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(54件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定