ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > サイトへのアクセス、AIがbotか判定 ECサイトの買い占めなど防止 日立が提供

サイトへのアクセス、AIがbotか判定 ECサイトの買い占めなど防止 日立が提供

0

2019年12月11日 14:02  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真「PerimeterX bot Defender」の仕組み
「PerimeterX bot Defender」の仕組み

 日立ソリューションズは12月11日、AIを使ってサイトへのアクセスがbotかどうかを判定するクラウドサービス「PerimeterX bot Defender」を12日に提供すると発表した。AIでbotによるアクセスを検知することで、ECサイトでの買い占めやアカウントの乗っ取りなどを防ぐ。



【その他の画像】



 セキュリティサービスを提供する米PerimeterXが開発。AIがマウスの動きやキーボードの入力速度を分析し、アクセス元がbotかどうか判定する。botの場合は、マウスの動きが直線的であったり、キーボードの入力が速く等間隔であったり、規則性があるという。botの可能性があるときは文字入力や画像選択などをさせる「CAPTCHA」を表示して、不正なアクセスを防ぐ。CAPTCHAの正誤結果はAIにフィードバックし、自動学習によって識別精度を高める。



 また、botかどうかを判定するための情報収集や処理は画面表示とは非同期で行うため、Webサイトのレスポンスにはほとんど影響がないとしている。



 日立ソリューションズは、「不正ログインを防ぐためにCAPTCHAを導入するWebサイトが増えているが、ユーザーの離脱につながるなどの課題があった」と指摘。AIがbotと判定した場合のみCAPTCHAを表示することで、こうした問題も改善できるとしている。



 PerimeterX bot Defenderは2016年4月に米国で販売。スポーツブランドのpumaや格安航空券比較サイトskyscannerなど150社以上で導入されている。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定