ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 年齢肌の悩み、どんなケアを?

エイジングケアは何してる?30歳以上の女性が実践している年齢肌ケアランキング

63

2019年12月11日 15:00  Suits-woman.jp

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Suits-woman.jp

写真写真

年齢を重ねるごとに感じるお肌の曲がり角。乾燥が気になる季節になり、肌の変化をより感じるようになったという人も多いのでは?日頃のスキンケアを変えたり、スペシャルケアを取り入れたり、いろいろ試しても、なかなか自分にあったケア方法を見つけるのって難しいですよね。そこで今回は、年齢肌を感じている女性がどんな対策をしているのか、調べてみました。

株式会社ブレーンコスモスが全国の30歳以上の女性1,116人を対象に行なった「肌の老化とエイジングケア」に関する調査によると、30歳以上の女性の7割近く(67.8%)が年齢肌に悩み、30代からエイジングケアを始めている人が多いことが判明。ではみんなどんなエイジングケアをしているのでしょう。みんなが選ぶエイジングケア法や注目成分をチェックしてみましょう。

エイジングケアを始める時期、30代が3割、40代が3割

何歳からエイジングケアを始めたかを尋ねたところ、20代は約1割だったのに対し、30代になると増加し29.9%に。そして40代が28.8%、50代が22.5%という結果になりました。つまり、30代のうちに4割の人が何かしらのケアを始め、40代後半には7割近い人がエイジングケアを意識的に行っていることがわかりました。

■何歳からエイジングケアを始めましたか?
・24歳以下 3.9%
・25歳〜29歳 6.6%
・30歳〜34歳 15.6%
・35歳〜39歳 14.3%
・40歳〜44歳 16.8%
・45歳〜49歳 11.8%
・50歳以上  22.5%

「シワ・たるみ」で年齢肌を意識する人が半数以上

次にどのようなことから年齢肌を意識したかを尋ねたところ、最も多かったのが「シワ・たるみ」で5割以上、次いで「シミ」が約半数、「乾燥」や「ほうれい線」も4割近い人が実感しているようです。

■どのようなことから年齢肌を意識しましたか?
・シワ・たるみ(54.7%)
・シミ(49.9%)
・乾燥(39.9%)
・ほうれい線(37.8%)
・くすみ(29.8%)
・マリオネットライン(7.4%)

ちなみに年齢肌を意識した瞬間を尋ねると、「同級生よりも 私だけ実年齢より上に見られた時」(宮崎県/50代/専業主婦)や「ある日突然左側だけほうれい線がくっきり出た」(大阪府/50代/看護師)という回答が。ふとした瞬間に、肌の変化に気付き、現実を見せつけられたという人も多いようです。

では実際にエイジングに気を使っている人たちはどんなケアをしているのでしょう。

エイジングケアは毎日のスキンケアに取り入れるのが手軽で人気。美容外科や美容皮膚科での施術派は少数。

みんなが行なうエイジングケア1位は「保湿アイテムを使う」

年齢肌を実感した人にどんなエイジングケアを行なっているかを尋ねたところ、最も多かったのは「保湿アイテムを使う」で約6割。次いで「エイジングケア化粧品を使う」で約4割でした。また3人に1人は「食生活に気をつける」と回答。日常のスキンケアや生活習慣の中でエイジングケアに取り組んでいる人が多いことがわかりました。

■どのようなエイジングケアを行なっていますか?(複数回答)
1位 保湿アイテムを使う(60.9%)
2位 エイジングケア化粧品を使う(37.6%)
3位 食生活に気を付ける(33.0%)
4位 適度な運動(21.2%)
5位 美容クリニックでの治療(3.6%)

注目成分は1位「ヒアルロン酸」2位「コラーゲン」

ところで「エイジングケア化粧品」というと、いろいろな成分が注目されていますが、特にどんな成分に着目して化粧品を選んでいるのでしょう。やはり人気だったのは肌にうるおいを与えてくれる成分「ヒアルロン酸」や、肌にハリと弾力を与えてくれる「コラーゲン」。直接肌に付ける化粧品としてだけでなく、食品やサプリメントとして摂取している人も多いようです。

■エイジングケア化粧品を選ぶ際に注目している成分は?(複数回答)
1位 ヒアルロン酸(57.9%)
2位 コラーゲン(56.2%)
3位 セラミド(27.0%)
4位 レチノール(10.2%)
5位 エラスチン(6.7%)
6位 ヒト幹細胞培養液(6.0%)

ちなみに「セラミド」は、肌細胞の隙間でうるおいや油分を閉じ込め、乾燥から肌を守る保湿成分。「レチノール」は、繊維芽細胞を元気にさせ、コラーゲンなどの生成スピードを上げ、シワ対策に注目される成分。「エラスチン」は、コラーゲン同士を結び付ける働きを持つ繊維状のたんぱく質で、肌にハリを与えてくれる成分。「ヒト幹細胞培養液」は、人間の幹細胞を培養する際に出る分泌液で、500種類以上ものタンパク質、コラーゲン、ヒアルロン酸などが含まれ、シワ予防、美白、発毛・増毛など促す他、再生医療の分野でも注目されている成分です。

エイジングケアの効果は、その人の肌質によって全く異なるため、一概にどのケアがいいとは言えませんが、自分にあったエイジングケアを見つけ、継続していくことが、効果的な方法といえそうです。

(参照)
株式会社ブレーンコスモス「肌の老化とエイジングケア」に関する意識調査
調査期間:2019年11月21日(木)〜 2019年11月22日(金)
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国30歳以上の女性1,116人
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

このニュースに関するつぶやき

  • 来年35になるけど、たいして何もしてない。 きちんと洗顔して、化粧水たっぷり使うだけ。 ちょっと気になる時はナイトクリーム塗るけど。
    • イイネ!5
    • コメント 6件
  • 50過ぎてからオールインワンのを使い始めました。
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(32件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定