ホーム > mixiニュース > トレンド > ヤフーが美容カテゴリー本格参入、スタイリング画像からヘアスタイリストを検索する新サービス開始

ヤフーが美容カテゴリー本格参入、スタイリング画像からヘアスタイリストを検索する新サービス開始

0

2019年12月11日 15:22  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真「Yahoo! BEAUTY」ヴィジュアル Image by: ヤフー
「Yahoo! BEAUTY」ヴィジュアル Image by: ヤフー
 ヤフーが、美容師検索サービス「ヤフービューティー(Yahoo! BEAUTY)」の提供を公式サイトで開始し、理容・美容カテゴリーに本格参入した。
【あわせて読みたい】「フルーツギャザリング」が六本木ヒルズにオープン、シャンプー&ブロー専門サービスを初導入

 ヤフーは2002年から100%子会社のTRILLを通じて、女性向けのコスメやライフスタイル全般を扱うサイト女性向けメディア「トリル(TRILL)」(開設当時の名称はYahoo! BEAUTY)を運営し、美容情報を発信してきたが、今年1月にTRILLの51%の株式を「クラシル(kurashiru)」を展開するdelyに売却。その後は美容系関連の事業は運営していなかった。昨今、「Yahoo!検索」の検索キーワード上位に「パーマ」や「ボブ」「ショートカット」などのヘアスタイルに関する検索結果が上がっていたことから、サロンを選ぶ際にヘアスタイルから検索する場合が多いと分析。ヘアスタイルからヘアスタイリストを検索するサービスに需要があると考え、新サービス「ヤフービューティー」の開発を決めたという。
 ヤフービューティーでは、「ロング」や「ミディアム」「ベリーショート」など6種類のヘアスタイルと、年齢層からスタイルカタログの検索結果を絞り込み、好みのスタイリングを選択すると担当したヘアスタイリストの情報が閲覧可能。予約する場合は、ヘアスタイリスト情報にリンクされている「ホットペッパービューティー」といった外部のサロン予約サイトを経由することで予約できる。利用料は無料。12月11日時点で約1,000人の美容師が登録し、約3.7万件が投稿されているスタイルカタログでは「アッシュ系」や「インナーカラー」といったフリーワード検索のほか、年代別のランキングからもスタイリングを見ることができる。今後は気に入ったヘアスタイルを保存しておく「いいね機能」を今月中に実装し、ヘアスタイリスト情報のほかヘアサロンの情報を充実させる予定だという。
【こちらもチェック】ヤフーがZOZOを4000億円で買収、EC事業の取扱高は楽天やAmazonが射程圏内に
■Yahoo! BEAUTY:公式サイト

    あなたにおすすめ

    ニュース設定