ホーム > mixiニュース > コラム > 〈茨城一家殺傷事件〉疑われたマスク男は無関係!? 犯人と残された家族の行方は

〈茨城一家殺傷事件〉疑われたマスク男は無関係!? 犯人と残された家族の行方は

1

2019年12月11日 16:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真※写真はイメージです
※写真はイメージです

「助けて! 痛い、痛い」

 9月23日、切迫した様子の女性から110番通報があった。通報したのは小林美和さん(50)。通報から数時間後、失血により死亡した。

夫婦とも恨まれる人物でなかった

 事件は2019年9月23日未明に発生した。茨城県境町若林の住宅で会社員、小林光則さん(48)と妻のパート、美和さんが殺害された。何者かが小林さん宅に侵入し、2階で就寝中の光則さん夫婦を鋭利な刃物で襲撃。2階の別屋で寝ていた中学1年の長男(13)は手足などを切られ、小学6年の次女(11)も催涙スプレーのようなものを噴射され両手に軽傷を負った。

 事件当時別室にいて唯一襲われなかった長女(21)は「言い争う声のようなものを聞いたが怖くて部屋から出られなかった」と話しているという。

「当時、小林さん宅は複数か所に鍵がかかっていませんでした。犯人は無施錠の窓から入り、2階に直行して一家を襲撃したとみられることから、室内の間取りを把握していた可能性があります。室内を物色した形跡や、金品を奪ったことを示すものはなく、犯人の遺留品も見つかっていない。強盗の可能性も少なく、かといって小林さん一家の周囲でトラブルなどもなかったといいます」(全国紙社会部記者)

 夫婦の遺体にはいずれも、刃物による傷が約10か所あり、心臓などの致命傷になりやすい上半身に集中していたという。

「遺体の様子からは何が何でも殺してやるという強い殺意がうかがえますが、夫婦ともに人から恨まれるような人物ではなく、人望があったといいます」(同)

 いったい誰が殺したのか。

 小林さん宅は周囲を木々に囲まれ、付近の住宅から離れたところにある。

「事件後に初めて家を知った」(近隣住民)

 という人もいて、愛犬が吠えなかったことなどからも顔見知り説がとなえられた。

 また、事件当初、小林家の近所では“不審なマスク男”の姿が目撃されていた。

「事件前から小林さんの家を調べていたのではないか、殺人目的で周囲に人がいない民家を探していたのでは、ともいわれていました。マスク男はすぐに捕まるといわれていたのですが……」(全国紙社会部記者)

 負傷した家族も「帽子をかぶりマスクをした男に襲われた」と証言したという。冬ならばマスクは珍しくはないが事件当時の9月にマスクをしている人物は少ない。当時、ある人物が疑われたが、

「付近の防犯カメラに映ったとされる“マスク男”は事件発生前にほかの強盗事件で捕まったため、小林さん宅の事件とは無関係だったといいます」(捜査関係者)

 近隣住民は涙ながらに、

「残されたお子さんたちを思うと胸が痛くてたまりません。お子さんたちは夜眠れているのでしょうか。就寝中にお父さんとお母さんが殺されて、自分も襲われて……。無念でなりません」

【茨城・一家殺傷事件の情報提供をお待ちしています!】
お心当たりのある方は、フリーダイヤル(0120-007285)まで

このニュースに関するつぶやき

  • 夜中に近所を徘徊していたマスク男は他の事件で逮捕されていたのですか!物騒だったですね。
    • イイネ!17
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定