ホーム > mixiニュース > トレンド > 持ち運べるエアコン、商品化

ダイキンの持ち運べるエアコン、商品化が決定 初のクラウドファンディングは10日間で目標到達

107

2019年12月11日 20:33  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真「Carrime」(キャリミー)
「Carrime」(キャリミー)

 空調機器大手のダイキンは12月11日、持ち運べるエアコン「Carrime」(キャリミー)の商品化を決めたと発表した。「Makuake」でクラウドファンディングを行い、商品化の条件としていた300件以上の支援を獲得した。2020年6月ごろ、支援者に届ける。



【その他の画像】



 11月1日のプロジェクト開始から10日で目標金額を達成。期限だった12月10日までに目標を160%超える約2300万円、460人以上からの支援を獲得した。



 Carrimeは、エアコンの設置が難しいキッチンや洗面所など、さまざまな場所で使えるヒートポンプ式のエアコン。工場などで使われる業務用エアコン「マルチキューブ」に搭載しているハニカム整流板を採用し、50センチ離れた場所でも体感温度ではマイナス7度を維持できる。ただし、室外機を持たず背面から温風が出るため、部屋全体を涼しくする効果はない。


このニュースに関するつぶやき

  • 片方から冷風が出て片方から温風が出るからプラマイゼロのような気がするけど、電気使ってる時点でモーターなど内部機械が熱持つから、室温はプラスになるよね……
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 「ただし、室外機を持たず背面から温風が出るため、部屋全体を涼しくする効果はない」 ←ここ重要
    • イイネ!57
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(67件)

あなたにおすすめ

ニュース設定