ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > 「ネクスト久保建英」はいるか。J3で真剣勝負に挑む金の卵たち

「ネクスト久保建英」はいるか。J3で真剣勝負に挑む金の卵たち

2

2019年12月12日 06:42  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

「高校生年代の選手は、本当にわずかな間で劇的に変わりますね」

 今シーズン、FC東京U−23を率いた長澤徹監督は、心情を込めてそう語っている。

 今や日本サッカーを代表するスター、久保建英(マジョルカ、18歳)は、15〜17歳をFC東京U−23で過ごした。バルセロナから帰国した当時は騒がれたものの、16歳の時は大人のプロ選手の中で埋もれていた。17歳になった当初も、違いを示すことはできていなかった。横浜F・マリノスに期限付き移籍するなどしたが、むしろひ弱さのほうが目立っていた。

 ところが今年2月に開幕したJリーグでは、トップチームで先発をつかむ。シーズンオフで見違えるような変化を遂げていた。FC東京の選手が再会した時、別人のようだったという。

「すでに欧州移籍する前の堂安(律)に匹敵する」
 
 序盤戦で、長谷川健太監督が太鼓判を押すほどの変身ぶりだ。

 GWが終わるころ、久保は首位を走るFC東京で主力というよりエースになっている。しかし、彼は少しも止まっていない。18歳になるのと同時にレアル・マドリードへ移籍。期限付き移籍したマジョルカで出場時間を増やしながら、早くも攻撃の中心となっている。先日のカンプノウでの”古巣”バルセロナ戦では、勲章とも言えるブーイングを浴びた。たった1年足らずで、久保は世界で認められる選手になったのだ。

 次の久保、堂安は誰になるのか?

 12月、駒沢オリンピック公園総合運動陸上競技場。2019年J3リーグ最終節は、FC東京U−23とガンバ大阪U−23の戦いになった。東西で、有力な若手を輩出しているチーム同士だ。

 FC東京U−23は、久保にとってはサッカーを鍛えられる場所になった。3部とはいっても、大人と対戦する意味は大きい。ユースとは違う、したたかさや強さが要求されるからだ。

「チームのために、効率よく、リスクマネジメントを怠らず」
 
 FC東京の選手はそうした実直なキャラクターが顕著に出る。考えて行動すると言えばいいだろう。久保は別格だとしても、日本代表の橋本拳人など、ディフェンシブなポジションで成功する選手を数多く輩出しているのが特徴的だろう。来季も、センターバックの木村誠二、左サイドバックのバングーナガンデ佳史扶(カシーフ)のトップ昇格が決定済みだ。

 今シーズンも、序盤はFC東京U−23でプレーしていたセンターバック、渡辺剛が無骨な守備でトップのレギュラーに定着。技術的に足りない部分を補う高さ、強さを見せ、韓国代表チャン・ヒョンスが抜けた穴を埋めた。

 そして、この日、最も輝きを放ったのは、右サイドバックに入った中村拓海(18歳)だった。サッカーで大事なのはスペースとスピードだが、タイミングが欠かせない。彼は高い技術を適時に合わせられる選手で、その資質は群を抜いていた。

 一方、G大阪U−23も多くのアタッカーがステップアップする場になっている。

「おもろいか、おもろくないか」

 G大阪には、そんな土壌がある。サッカーの面白さを求め、積極性を重んじて失敗を恐れない。考えるより前に行動する。そのおかげで、天才肌のアタッカーを多く出している。

 今や代表の中心である堂安(PSV、21歳)は2016年、G大阪U−23でプレーしていた。17歳から18歳にかけて21試合に出場し10得点。そこで得た感覚のおかげで、2017年にはトップでも異彩を放ち、その夏にオランダのフローニンゲンへ移籍。チームのエースとなって、3年目で名門PSVに新天地を求めている。

 今シーズンも、G大阪U−23は中村敬斗(トゥエンテ)、食野亮太郎(ハーツ)の2人を欧州に送り出している。中村はアヤックス、食野はグラスゴー・レンジャースという強豪を相手に得点。ゴールに向かう姿勢や迫力は抜きん出ている。

「(食野)亮太郎はボランチをやったりしていました。でも、ゴールに近いところで生きる選手だなと。ゴールが見えたら足を振ればいい。それができる選手でした」

 G大阪U−23の指揮官として中村、食野の2人を覚醒させた森下仁志監督はそう説明している。

「(中村)敬斗も、まず個のところが強かった。自分は個人にフォーカスして、対人トレーニングばっかりやっています。(U−23は)人数が限られているので、4対4とか。逃げられない状況を作って、ゴールに向かうという判断のところ、その技術とメンタリティを鍛えています。

(トップに上がった福田)湧矢も、(前日のJ1最終節、浦和レッズ戦で得点を取ったように)ゴールに向かっていける選手。今シーズンは、亮太郎や敬斗が活躍するようになって、高校1、2年生の選手たちが、”自分たちもなれる”と信じて頑張ってくれましたね」

 G大阪U−23は、いい循環を生み出している。

 15歳でJ3のピッチに立った左利きのMF中村仁郎(16歳)は16歳10日と、久保の記録に迫る若さで得点を挙げている。この日もインサイドに切り込み、ゲームを動かしながら、バーに当たるシュートを放った。小柄だがボールを持ち、動かし、試合を決められる素養のある選手で、16歳の時の久保に近い存在だ。

 J3最終節は、FC東京が5−1でG大阪を破っている。FC東京はミスを逃さず、手堅く勝利を収めた。もっとも、G大阪はGKを除けば高校生が半数以上という若いチーム。後半の立ち上がりの猛攻で、G大阪らしさの片鱗は見せたと言える。

 ネクスト久保、堂安は、こうした真剣勝負の積み重ねから生まれる。

このニュースに関するつぶやき

  • おいらは中島 翔哉みたいな選手がいいです。本当にサッカー楽しそうにやっていて、それで結果出ているから(*´ー`*)
    • イイネ!16
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定