ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 会うだけで疲れるし、モヤモヤする……。そう感じるのはどんな人?話を聞かされないための対応策とは

会うだけで疲れるし、モヤモヤする……。そう感じるのはどんな人?話を聞かされないための対応策とは

6

2019年12月12日 08:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

人に会った後で妙に疲れてしまったり、なんだか気持ちが沈んでしまう、といった経験をしたことがありますか? ママスタBBSにもある人に会ったら、納得できずになんだかモヤモヤした気分になってしまったというママからの投稿がありました。
『会ったときの話や行動が腑に落ちずに、モヤモヤするのはどんな人? かなり久々会ったママ友に会って疲れた。何かにつけてお金の話やら誰と会ってるのやら。探りとかいらないから』
投稿者さんは久しぶりにママ友に会ったのに、お金の話などをされたこともあってすっきりとした気分になれないようですね。他のママたちにはモヤモヤしてしまう相手がいるのでしょうか。

とにかく自分の話ばかりをする人


『マシンガントークで1人でひたすら喋り続ける人』
『なんのオチもなく、延々と話し続ける人いるよね。こっちが話すとつまらなさそうにするか、いつの間にか自分の話に戻している』
『なんでも自分の話になり人の話を聞かずにずっと話している』
ママたちの知り合いには、一方的に自分の話ばかりしてしまう人がいるようですね。話を聞いている側が何か話そうとしても全く聞かなかったり、話を聞いたとしても、興味がないような態度をとったりしてしまうのだとか。話を聞いているママたちが、「自分の話ばかり!」と、気分がすっきりせず納得できない気持ちになり、モヤモヤしてしまうのは仕方ないかもしれません。

人の悪口や否定的なことを言う人

『他人の悪口。知らんがなって思う』
『すぐ人を妬んで嫌味ねちねち』
『「ずるい」が口癖の人。人を褒められない、否定的な人は無理だわ〜』
人の悪口や妬みなどネガティブなことを言われると、聞いている方の気分もよくないですよね。聞かされている相手の気持ちを考えないことや、否定的なことを言う相手の心の狭さを感じざるを得なくなることなども気持ちが晴れない原因になるのではないでしょうか。

やたら自慢をする人

『会う度に子どもの成績の自慢をするママ友がいて嫌だった。でもそれは小学校までで、中学になったら成績落ちて商業高校に行った。それ以来私を見ても話しかけてこなくなった』
『自分の子どもの方が賢いだろうという前提で自慢してきたり、成績のことなど聞いてくる人。「成績は〇〇くらいなの?」と高めの成績をニヤニヤしながら聞いてくる。「どうせ違うだろうけど」と思っているのがよく伝わってくる』
ママ友とは子どもの成績について話すこともあるかもしれませんね。その時に自慢されたりすると、ママはモヤモヤを通り越してイライラしてしまうかもしれません。子どもと親は別の人間なので、子どもの評価がそのまま親の評価になるわけではないのですが……。他人の子どもの成績が気になる人もいるのですね。

根掘り葉掘り聞いてくる人


『私は根掘り葉掘り聞いてくる人。子どもの成績、子どもに対してどう思うか、主人のことなどいろいろ聞かれ。言わなければよかった! と後悔した日にはもう疲れて夕飯も作る気にならない』
『自分のことは話さず、根掘り葉掘りこっちのこと探るママ友』
子どもの成績や旦那さんの職業、場合によっては収入など、遠慮なく聞いてくる人も少なからずいるようです。「それを聞いてどうするの?」と思うような、プライベートなことまで聞かれてしまうこともあるかもしれません。聞かれたことを全部話してしまうのではなく、笑ってごまかすなどの対処も必要ですね。

近所迷惑を考えない人

『隣の非常識な騒音一家。やりたい放題に騒音を垂れ流しておいて、爽やかに話しかけてくるのが本当に腹立つ』
近所迷惑を考えない人に関しては、モヤモヤやイライラを感じてしまいますよね。コメントをくれたママの場合には、騒音が迷惑とのことです。騒音を出している家では、周りの迷惑に気づいていないようで、それが余計に腹立たしいのでしょう。

腑に落ちない気分になる相手とは話さないことが得策かも。”聞き下手・話下手”を演じてみて


自分の話ばかりをする人、悪口や陰口を言う人など、会った後で気持ちが沈んでしまう人には、会わないことが一番の策ではありますよね。でもママ友やご近所の場合には、会わないわけにはいかないこともあるでしょう。そういう場合はできるだけ挨拶と世間話くらいにとどめておいて、相手が喜ぶような反応はしないように心がけるといいかもしれません。プライベートなことを聞かれても「わかりません。教えてくれなくて」などと知らぬ存ぜぬを通す、といった感じです。”聞き下手・話下手”を演じることで相手から望まない話を聞かされる機会はしだいに減っていくのではないでしょうか。

文・川崎さちえ 編集・しのむ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • そうそうそう、そういう人たちが嫌で、去年、とうとう、何人かはお付き合いを遠慮。そうするしかなかったですよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 実母。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定