ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 松方さんの息子、梅宮さん追悼

松方弘樹さんの息子・仁科克基、父の“親友”梅宮さん追悼「親父と天国でまた大好きな釣りを2人で」

38

2019年12月12日 12:49  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真仁科克基 (C)ORICON NewS inc.
仁科克基 (C)ORICON NewS inc.
 『仁義なき戦い』『スクール☆ウォーズ』など数多くの名作に出演してきた俳優の梅宮辰夫さん(享年81)の訃報を受け、2017年1月に亡くなった松方弘樹さんの息子で俳優の仁科克基(37)が12日、自身のインスタグラムを通じて「親父と天国でまた大好きな釣りを2人でして下さい」と思いをつづった。

【写真】インスタに2ショット「また大好きな釣りを2人で」

 仁科は「父 松方弘樹の親友である梅宮辰夫さんがお亡くなりになりました。小さい頃父の番組に俺が引っ付いて行った時に『まさき』『まさき』って言って頂き、毎日おにぎりを作ってくれたのを今でも忘れられません」と思い出を振り返り「本当にお世話になりました。ありがとうございました」と感謝。

 最後は、梅宮さんと松方さんとの2ショット写真を添え「親父と天国でまた大好きな釣りを2人でして下さい。合掌。#松方弘樹 #梅宮辰夫 #釣り」と結んだ。

 梅宮さんと松方さんは、公私共に親交が深く、実の兄弟のように接してきた盟友。17年6月に執り行われた松方さんの偲ぶ会で、梅宮さんは発起人としてあいさつ。数多くの思い出を振り返りながら「釣りに行く時に弁当を持っていっていたけど、どちらが大きいかで必ず揉めてたよな。俺の弁当が食いたくなったらいつでも言え。すぐ作ってどこへでも届けてやる」と天国へ向けて力強く呼びかけた。

 梅宮さんは1938年、旧満州・ハルビン生まれ。58年、東映のニューフェイス5期生に合格。翌年映画『少年探偵団 敵は原子潜航挺』で主演デビュー。68年から主演する映画『不良番長シリーズ』が好評となり、70年代には『仁義なき戦い』シリーズや『帝王シリーズ』を成功させ個性派俳優としての地位を確立。

 以降もヤクザ映画、東映Vシネマの大御所として200本を超える映画に出演したほか、『スクール☆ウォーズ』『はぐれ刑事純情派』『特命係長 只野仁』などテレビドラマ、バラエティー番組でも親しまれた。

 昨年9月に前立腺がん、今年1月に尿管がんの手術を受けており、これまで6度ものがん闘病を繰り返し復活を遂げてきた。

このニュースに関するつぶやき

  • 俳優?? 活躍を見たことなさ過ぎるが笑 自称俳優の間違いでは(・ω・) https://mixi.at/ajyQAMG
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • オマエは黙っとれ(-o-;)
    • イイネ!32
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(20件)

あなたにおすすめ

ニュース設定