ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 学校のテストを隠す我が子。隠さなくなるためにママが心がけたい声かけの工夫

学校のテストを隠す我が子。隠さなくなるためにママが心がけたい声かけの工夫

1

2019年12月12日 15:01  ママスタジアム

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
子どもがテストを持ち帰ったとき、みなさんはどんな声かけをしていますか?    点数が良かったら「頑張ったね!」と褒めるけれど、予想以上に点数が悪かったら叱ることもあるのではないでしょうか。ママスタBBSに小学生のママからこんな投稿がありました。
『子どもがテストを隠すことって、本当にありますか?』
アニメや漫画には、テストの点数が悪くて親に隠したり誤魔化そうとするキャラクターが登場するこもありますが、実際に“テストを隠す子”はいるのでしょうか?

うちの子、テストを隠します。捨てる子も……



寄せられたコメントによると、テストを隠す子やママに見せない子はけっこういるようです。
『テストを隠すこと、うちはあります。小学生で隠してた』
『うちは1度もない。でも友達のとこは「絶対に出さない」みたい』
『隠すではないけど出し忘れはよくある。ランドセルの底でグチャグチャ』
『隠すというより捨ててる。いい点数のときだけ見せにくる』
『隠すのなんてテストだけじゃない。このあいだ未提出の宿題を隠してた。掃除したら出てきた』

ママたちがカミングアウト! 「私、テストを隠してました」


テストの点数が悪いと親に隠したくなることは、かつて経験した人も多いようです。ママたちからも「実は……」との声も寄せられました。
『子どもの頃は、私が隠してた。親が成績に厳しくて』
『私が小学生のときは、親がテストの点数にすごく厳してくてね。親が決めた合格点があって、そこに達してなかったら往復ビンタだった。今だったら虐待にあたる行為だよね』
『私が隠してたよ。っていうか川に捨ててた。100点を取らないとすごい怒られたから』
ママたちの経験談から言えることは、子どもがテストを隠す理由は点数が悪いと親に叱られるからです。これは昔も今も変わらない理由ではないでしょうか。
最近では学校の先生が親に、テストを見たらチェックして学校へ提出する“テストカード”や“テストファイル”を持たせるとのコメントもありました。テストを親に隠さないように先生が予防線を張る学校もあるそうです。筆者は「ずいぶんとテストが厳重に扱われている」と思いましたが、それは裏返せば“親にテストを見せない子がたくさんいる”ということかもしれません。

テストを隠さない子は、どうして隠さないのか?



子どもがテストを隠す理由は、悪い点数を取ると叱られるからですが、テストを隠さない子は「良い点数を取っているから」という理由ばかりではないようです。
コメントを寄せてくれたママの中に、子どもがテストを隠すのは親の対応次第と考えるママもいました。
『隠すようになったら困るから小学校に入るときに「もしテストの点が悪かったり、何かダメなことをしちゃったりして隠したとしても、そういうのは不思議なことにバレてしまうものだよ。だから正直に教えてね。どうしてものときは怒るかもしれないけど、あんまり怒らないようにするから」って話した。中1になった今でも隠すことなく渡す』
『子どもには「テストでバツだったら、自分が理解できていない部分を見つけられたってこと。隠したりしなくていいからね。直して自分の力にしようね」って言ってる』
『うちの子は自分から見せにくるよ。100点のときもあれば50点のときもある。「何で間違えちゃったんだろうね?」って子どもに聞くよ。子どもなりに“うっかりミス”“時間が足りない”“本当にわからない”いろいろ理由がある。怒らずに結果を振り返る』
「うちの子はテストを隠さない」とコメントしたママたちのお子さんに共通しているのは、「テストの点数が悪くてもママは怒らない」とわかっていること。そして「テストの点数が悪くても怒らないママ」がテストで重視していることは、間違えたところを直して自分の力にすることのようです。

テストの点数を叱ったら100点を取れるようになる?


筆者も、子どもの頃にテストの点数のことで母から叱られたことがありませんでした。筆者が小学1年生のとき、算数の繰り下がりの意味がわからず、テストがかなり悪い点数だったことがありました。そのとき母はバツだらけのテスト用紙を広げ、私と並んで座り、繰り下がりの計算を一緒にしながら説明してくれました。間違ったところを直し終わってから私が「お母さんは、こんなに悪い点数を取って怒らないの?」と聞きました。母は「叱ったら次のテストは100点になる?」と笑い「テストはね、自分が分からないところはないかな? と確かめるためにあるんだよ。間違ったら、どうしたら次は間違わないかを考えて、間違いを直せばいいんだよ」と言いました。

もう随分と昔の話ではありますが、母とのこの記憶は鮮明にあり、筆者自身も自分の子どもに同じように接しようと心がけています。

テストの点数が悪くて叱るママは、次は100点を取って欲しいと思うから、ついつい言い過ぎてしまうのではないでしょうか。もしお子さんがテストの点数が悪くて隠していたら「まったくもう!!」と怒りたくなる気持ちをぐっと堪えて、間違ったところを一緒に解き直してみるといいかもしれません。きっとお子さんはテストを隠さなくなりますし、叱るよりもずっとお子さんの力になると思います。

文・間宮陽子 編集・山内ウェンディ

■ママスタセレクトで読む

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定