ホーム > mixiニュース > コラム > 門脇麦、中村倫也らが登壇!「エル シネマアワード2019」ランキング1位に輝いた映画は?

門脇麦、中村倫也らが登壇!「エル シネマアワード2019」ランキング1位に輝いた映画は?

0

2019年12月12日 15:42  BOOK STAND

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BOOK STAND

写真2019年12月12日に開催された「エル・シネマアワード2019」
2019年12月12日に開催された「エル・シネマアワード2019」
 ファッションメディア「ELLE(エル)」が開催する「エル・シネマアワード2019」。今年は、日本の映画界で輝く女優、俳優、監督に贈る「エル・ベストアクトレス賞」「エル・ベストディレクター賞」「エル・メン賞」、そして今後の活躍に期待できる「エル・ガール ライジングスター賞」の4部門が発表されました。同アワードに、受賞者である門脇麦さん、中村倫也さん、佐久間由衣さん、そして蜷川実花監督が登壇。さらに「エル・シネマアワード トップ10」も発表! 果たして今年の1位に輝いた作品とは!?

「エル・シネマアワード トップ10」発表!気になる1位は?

本イベントで最初に発表されたのは、「エル・シネマアワード トップ10」。映画に造詣が深い分解人が審査員を務め選出されたランキングです。ランキングは以下の通り。

1位『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
2位『女王陛下のお気に入り』
3位『マリッジストーリー』
4位『ジョーカー』
5位『マックイーン:モードの反逆児』
6位『グリーンブック』
7位『COLD WAR あの歌、2つの心』
8位『イエスタデイ』
9位『ボーダー 2つの世界』
10位『バーニング 劇場版』

映画ライターのよしひろまさみちさんは「『ジョーカー』がもっと上にいくと思った」と予想外だった心境をコメント。一方、エルの坂井編集長は「5位の『マックイーン:モードの反逆児』はすごくクオリティが高かった」とファッション関連の作品に触れると、よしひろさんは「マックイーンは伝記映画のプロジェクトもあったけど潰れてしまった」という裏話を明かしてくれました。

見事1位に輝いたのはクエンティン・タランティーノ監督第9作目『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。よしひろさんは「この2人意外と相性がよかった。タランティーノ監督が大スターの見せ場をずっと作ってくれていた」とレオナルド・ディカプリオとブラット・ピットの初共演について語りました。


「ファッションと映画は切り離せない関係」(佐久間由衣さん)

「エル・ベストディレクター賞」は蜷川実花監督。「今年、映画で活躍されていますが、そろそろ写真に戻りたいのでは?」という質問には、「映画って不思議なもので、製作途中はとっても大変なんですが、またやりたいって思うんです。本数を重ねる度に意欲が湧いてきます」と映画作りの魅力について語りました。

「エル・ベストディレクター賞」を受賞した蜷川実花監督

続いて、「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞した佐久間由衣さんが登壇。先週12月6日(金)に公開されたばかりの『"隠れビッチ"やっていました』では主演を務めている佐久間さん。「本当に身に余る光栄な気持ちです。作品の数ではなく、一つ一つ丁寧に向き合える作品に出会えたことを大変うれしく思います。この場所に立てていることを、改めて関わっていただいたみなさんに感謝したいです」とコメントしました。
また女優を始める前は、ファッションについてはほとんど無頓着だったとも。「19歳のときにこのお仕事をはじめてから、用意してくださったファッションで役作りしたり、自分で選んだりして気持ちが変わっていくことを勉強させていただきました。ファッションと映画は切っても切り離せない関係性にあると思います。両方に自分らしく向き合えたらと思います」と、映画とファッションの素晴らしい関係性についても語ってくれました。

「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞した佐久間由衣さん


「今年は手応えを感じた一年でした」(中村倫也さん)

「エル・メン賞」を受賞したのは、今年ディズニー映画『アラジン』でアラジンの吹き替えを担当したことでも記憶に新しい、今 "旬"な俳優、中村倫也さん。「このような素敵な賞をいただいて光栄に思います」と心境を明かしました。「今年は不安がいっぱいでしたが、一歩一歩着実にやったら手応えを感じた一年でした。そういう実感は、なかなか持てるものではないと思います。貴重な経験をたくさんさせていただいて、生涯財産になるような仕事をさせていただいた一年だと思います」(中村さん)

「エル・メン賞」を受賞した中村倫也さん

続いて「エル・ベストアクトレス賞」を受賞した門脇麦さんが登壇。「今年は、私よりも年下の若いキャストの方々と仕事をする機会が多かったです」と振り返った門脇さん。「まだまだ気持ちは若手なんですが、それでももう若手の気分でいられないというか、現場を引っ張っていけるような人間になりたいなと強く思った一年でした」(門脇さん)。



今年の受賞者たちは、ハイブランドのスーツやドレス、ジュエリーなどを身に着けており、とってもキラキラしていました! きっと来年もたくさんの活躍を見せてくれることでしょう。来年は一体どんな映画が誕生するのか、期待が高まります!

(取材/文/写真・トキエス)



>>元の記事を見る

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定