ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 「ひとりぼっちの地球侵略」小川麻衣子の新連載がゲッサンで、鈴木小波読み切りも

「ひとりぼっちの地球侵略」小川麻衣子の新連載がゲッサンで、鈴木小波読み切りも

1

2019年12月12日 16:11  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真ゲッサン2020年1月号
ゲッサン2020年1月号
「ひとりぼっちの地球侵略」の小川麻衣子による新連載「てのひら創世記」が、本日12月12日発売のゲッサン2020年1月号(小学館)で開幕した。

【大きな画像をもっと見る】

「てのひら創世記」はケンカに明け暮れる主人公の須崎愛一郎が、ある日博多からやってきたという女剣士・柊千絵に決闘を申し込まれるところから始まる。そんな2人の前に突如謎の赤ん坊が現れ……。また今号には「ホクサイと飯さえあれば」の鈴木小波による読み切り「国立超能力大学推薦選抜試験」も掲載されている。

このニュースに関するつぶやき

  • 「鈴木小波による読み切り「国立超能力大学推薦選抜試験」」→鈴木小波先生の読み切りとは面白そう。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定