ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 蓮佛美沙子が佐藤健の元恋人役、円城寺マキ原作ドラマ「恋はつづくよどこまでも」

蓮佛美沙子が佐藤健の元恋人役、円城寺マキ原作ドラマ「恋はつづくよどこまでも」

0

2019年12月13日 05:04  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真若林みのり役を演じる蓮佛美沙子。
若林みのり役を演じる蓮佛美沙子。
円城寺マキ原作によるTVドラマ「恋はつづくよどこまでも」に、若林みのり役で蓮佛美沙子が出演することが発表された。

【大きな画像をもっと見る】

みのりは佐藤健演じる天堂浬の元恋人であり、物語のキーパーソンとなる存在。蓮佛は「天堂先生の心に棲みつき、七瀬の前には大きな壁のように立ち塞がる、2人を翻弄していく存在なので、ある種の強敵として物語を掻き乱していけるよう努めたいです」とコメントを寄せた。

プチコミック(小学館)にて連載された「恋はつづくよどこまでも」は、運命の出会いによって天堂に恋をし、彼を追いかけてナースとなった七瀬と、容姿も仕事の腕もピカイチのエリート医師・天堂によるお仕事ラブコメ。ドラマには佐倉七瀬役の上白石萌音、天堂浬役の佐藤健、本日発表された蓮佛美沙子に加え、毎熊克哉、昴生(ミキ)、渡邊圭祐、吉川愛、堀田真由、香里奈、平岩紙、山本耕史が出演する。放送は2020年1月にTBSにてスタート。

蓮佛美沙子(若林みのり役)コメント天堂先生の元恋人、若林みのりを演じさせていただきます。
天堂先生の心に棲みつき、七瀬の前には大きな壁のように立ち塞がる、2人を翻弄していく存在なので、ある種の強敵として物語を掻き乱していけるよう努めたいです。
悲しい運命を背負ってしまった女性ではありますが、七瀬が太刀打ちできないと思うような、太陽のような存在として物語のスパイスになれたらなと思います。

プロデューサー・宮崎真佐子コメント天堂先生の元恋人「みのり」は、このドラマのキーパーソンで、天真爛漫で清々しく、そして芯が強い女性です。天堂がなぜ“魔王”のように厳しくなってしまったのか、その過去に何があったのか。そしてそのことが、主人公・七瀬と天堂にどんな影響を与えるのか。物語の根幹に関わる役を蓮佛さんに演じていただける ことになり、ラブストーリーに深みを持たせてくれることと思います。
七瀬と天堂の、元気が出るまっすぐなラブストーリー、毎週火曜よる10時を、ぜひお楽しみに!

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」放送:2020年1月スタート 毎週火曜22:00〜22:57

スタッフ製作:TBSスパークル、TBS
原作:円城寺マキ「恋はつづくよどこまでも」(小学館プチコミックフラワーコミックスα刊)
脚本:金子ありさ
チーフプロデューサー:磯山晶
プロデューサー:宮崎真佐子、松本明子
演出:田中健太 ほか

キャスト佐倉七瀬:上白石萌音
天堂浬:佐藤健
来生晃一:毎熊克哉
沼津幸人:昴生(ミキ)
仁志琉星:渡邊圭祐
酒井結華:吉川愛
菅野海砂:堀田真由
流子:香里奈
根岸茉莉子:平岩紙
若林みのり:蓮佛美沙子
小石川六郎:山本耕史

※宮崎真佐子の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記。

    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定