ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 蛇口から出た水が「氷」に

蛇口から出た水が、一瞬で凍っていく... 寒すぎる朝の怪奇現象、その原因は?

114

2019年12月13日 08:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真こんなことある?(画像はヨネダ公式ツイッターの動画より)
こんなことある?(画像はヨネダ公式ツイッターの動画より)

12月も中旬に入り、空気の冷たさが肌を刺す季節となった。毎朝布団から出るのが辛いと感じるのは筆者だけではないはずだ。

そんな中、ツイッターでは雪国の厳しい寒さを表した動画が話題になっている。

それがこちらだ。

一瞬、何が起きたかわからな人もいるだろう。

これは、かぶら寿しなどを販売する食品メーカー「ヨネダ」(富山県南砺市)の工場で撮影された蛇口の様子。2019年12月9日の朝8時頃に蛇口をひねったところ、出てきた水が柱のように固まっていく現象が起きたという。

ヨネダ公式ツイッターはこの動画とともに、

「今朝の富山、どんだけ寒いかというとこんな蛇口状態」

と投稿。動画は大きな反響を呼び、他のユーザーからは、

「蛇口からヘンな生物が出てきたのかと..」
「かき氷って言われても違和感無し」
「よく管の中で凍らなかったなぁ」
「シャーベットみたいで何か使えそうですね」

といった声が寄せられている。

シンクに落ちた衝撃で「氷」に?

みるみるうちに水が固形になっていくこの現象は何なのか。

この水は「過冷却」という状態で、通常ならば水が凍ってしまう温度(氷点下)でも液体状態を保っている。衝撃を与えると急速に凍ってしまうといい、今回はシンクに落ちたことで凍ってしまったようだ。

冷凍庫に放置していたペットボトル飲料などを開けたら、急に中身が凍りだした――。そんな経験がある人もいるだろう。これも、今回の蛇口と同じ過冷却による現象だ。

気象庁の公式サイトによると、9日の明け方、南砺高宮の気温は氷点下を下回っている。しかし筆者も18年間富山に住んでいたが、この現象は見たことがない。

どういう状況だったのだろうか。Jタウンネットは12日、ヨネダのツイッター担当者を取材した。


担当者によればこのような状態になったのは「初めて」とのこと。蛇口をひねって3回くらいはこの状態だったという。

担当者は、工場の水道についてこのようなことを教えてくれた。

「以前、水道管が破裂したことがあったので、配管を工事しました。保温するために水道管を覆っています。工事をしたのは数年前です」

水道管を覆ったことが過冷却に関係しているのだろうか。しかし工場にある水道の中で、この現象が起きたのは1つだけ。それぞれ配管が違うというが、保温の工事をしたのはいずれの水道管も同じだ。

さらに今回の現象が起きた水道は、夏になるとお湯のように温かい水が出るとのこと。他の水道管より気温の影響を受けやすいのかもしれない。

今朝の富山、どんだけ寒いかというとこんな蛇口状態 pic.twitter.com/nzcy8pZUOP
- よね田 〔おさしみ糀とかぶら寿し〕 (@kabura_yoneda) December 8, 2019

担当者はこの動画が話題になったことについて、

「びっくりしました。業務が多忙なのでスルーしていますが、本業への応援メッセージは嬉しかったです」

と話している。

このニュースに関するつぶやき

  • 長野でも見たことない… https://mixi.at/ajzUiDp
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 水が凍らないまま0℃より温度が低くなる現象を「過冷却」と言い水が動いていると-5℃位でも凍らない。だから凍るか凍らないかの気温の時には水を少しだけ出しておくのですよ。
    • イイネ!25
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(67件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定