ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 子ども布団おすすめのショップとお手入れ方法!除湿シートも実は大切

子ども布団おすすめのショップとお手入れ方法!除湿シートも実は大切

4

2019年12月13日 12:10  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl

ではさっそくチェックしていきましょう。


■布団の役割とは
まずは掛け布団、敷布団の役割をチェックしましょう。

・快適な睡眠を確保してくれるのが掛け布団

出典:photoAC
人間が快適に睡眠をとるには湿度と温度を適正なものにしないといけません。エアコンや加湿器、除湿器などの家電で調節するのももちろん◎ですが、寝具で調節することもとっても大切なんですよ。掛け布団は湿度や温度を調節する役割を果たしてくれます。

【詳細】他の写真はこちら


・クッション性の敷布団のおかげで体が痛くならない




出典:photoAC

敷布団を敷かずに寝たことある人はわかると思いますが、起きたらとても体が痛いですよね。敷布団は、体の冷えや床の硬さから守ってくれるという役割があります。また、ものによっては体圧分散に優れている敷布団もあります。腰痛持ちの人や足腰の悪いお年寄りなどにおすすめです。

■おすすめの子ども用布団
次はおすすめの子ども用布団をご紹介します。

・しまむらの布団が良質で使いやすさが魅力

出典:しまむらの布団が良質で使いやすいって本当?口コミや値段をチェック @ lovev__vloveさん

洋服や日用品がコスパ良く購入でき、利用者の心をつかんでいる『しまむら』。そんなしまむらの布団が良質で使いやすいと話題になっているんです。しまむらにはキッズ布団はもちろん、ベビー布団も販売されています。ベビー布団は3,000円前後で購入可能。キッズ布団はキャラクターものが多く、寝室に行くのが楽しみになるようなデザインのものばかりです。▼しまむらの布団についてはこちらの記事も合わせてチェック▼しまむらの布団が良質で使いやすいって本当?口コミや値段をチェックコチラをチェック

・西松屋のベビー布団はセットになっていてお得




出典:西松屋でベビー布団を選ぼう!売れ筋ラインナップをご紹介

世のママから絶大な信頼を誇っている『西松屋』。そんな西松屋のベビー布団は必要な寝具がセット販売されているんです。敷布団、掛け布団、枕にそれぞれのカバーなど…。驚きなのが掛け布団は夏用の薄手のものと冬用の厚手のものが入っているということ。季節ごとにわざわざ買い変える必要がなくありがたいですよね☆▼西松屋の布団についてはこちらの記事も合わせてチェック▼西松屋でベビー布団を選ぼう!売れ筋ラインナップをご紹介コチラをチェック

・ベビーベッドの布団は何を選んだらいい?




出典:ベビーベッドの布団は何を選んだらいい?選び方やおすすめ商品もご紹介 @ mi07878 さん

初めての出産準備ともなれば、ベビー布団ってどんなものをチョイスすれば良いのか悩みますよね。マットレスと敷布団どっちの方が良いの?と疑問に思うこともあるかもしれません。結論、赤ちゃんが快適に眠れる環境が整っていたらどちらでもOK☆いずれ保育園に預けようと考えているママは、布団セットだとお昼寝布団として使えますよ。ママたちから人気でおすすめなベビー布団は『京都西川』や『sandesica(サンデシカ)』。どちらも信頼度の高い寝具メーカーとなっています。▼ベビー布団についてはこちらの記事も合わせてチェック▼ベビーベッドの布団は何を選んだらいい?選び方やおすすめ商品もご紹介コチラをチェック

■布団のお手入れ方法を伝授
最後は布団のお手入れ方法についてご紹介します。

・カビの上に寝ているかもしないという恐怖!布団には除湿シートが必要

出典:布団には除湿シートが必需品!もしかしてカビの上に寝ているかも…

敷布団は人と、床に挟まれています。人の体温と床の冷気が合わさり湿気が発生することもあれば、寝ているときにかいた汗によって湿気が発生することもあります。その湿気によってカビの繁殖を促してしまう可能性もあるんです。そんなときに重宝するのが除湿シート。除湿シートは、布団や床のカビの発生を防いでくれたり、湿気によるイやなにおいを解消してくれるアイテムなんです。特に除湿シートが必要とされるのが、フローリングに布団を敷いている場合。畳には調湿機能がありますが、フローリングにはありません。寝室がフローロングのお家はぜひ除湿シートを活用してみてくださいね。▼除湿シートについてはこちらの記事も合わせてチェック▼布団には除湿シートが必需品!もしかしてカビの上に寝ているかも…コチラをチェック

・布団の正しい洗い方とは?




出典:布団の洗い方はどうしている?正しい洗い方をご紹介

布団のケアは大体1カ月に1度の天日干しと2〜3カ月に1回の洗濯、シーズンごとにクリーニングに出せば良いとされています。しかし、疑問に思うのは布団の正しい洗濯方法。そもそも布団って洗濯できるの?と思いませんか?まず、布団を洗濯しようかなと考えた場合、取り扱い表示のタグを確認しましょう。家庭用の洗濯機で洗濯できる布団には桶のマークが表示されています。このマークがあればお家でも洗濯が可能です。桶に手を入れているようなマークであれば洗濯機は不可、手洗いをしてくださいという意味です。お風呂などでもみ洗いしましょう。〇で覆ってあるマークはクリーニングの記号です。お家で洗濯をするのではなく、都度クリーニングに出しましょう。お家で洗える布団の場合、寝具用の洗濯ネットに入れて洗います。コースは毛布コースかドライコースがおすすめ。脱水はこまめに確認しながら調節してください。中綿が傷んでしまう可能性があります。▼布団の正しい洗い方についてはこちらの記事も合わせてチェック▼布団の洗い方はどうしている?正しい洗い方をご紹介コチラをチェック

・布団の干し方のコツとは?




出典:布団は干し方のコツできれいをキープ!布団干しのお役立ちグッズ5選 @ k_1_1r4さん

羽毛布団など洗濯ができない布団は定期的に布団を干すことが大切。布団を干しているとき、日光や光から逃れようと布団内部に潜んでいるダニは反対側へ移動します。そうするとどうしても下側にしていた布団部分にダニが集まってきてしまうので、できれば”途中で裏表を入れ替えること”をおすすめします。もうひとつのポイントは”布団は叩かないこと”です。布団を干したら叩くというイメージが強いかもしれませんが、それば間違い。中綿やシーツが傷んでしまいます。表面に出ているゴミや、天日干しによって発生したダニの死骸は掃除機で吸い取りましょう。▼布団の干し方のコツについてはこちらの記事も合わせてチェック▼布団は干し方のコツできれいをキープ!布団干しのお役立ちグッズ5選コチラをチェック

・効果的なダニ対策とは?




出典:布団のダニ対策を万全に!効果的なダニ対策が知りたい @ yagigigi1234さん

どうしても布団に発生してしまうダニ。避けては通れないと言っても過言ではないでしょう。効果的なダニ対策としては、布団を丸洗いすること。布団の丸洗いはダニを減少させることができるといわれています。お家の洗濯機に入らない場合は、コインランドリーで洗濯したり、専門店などに相談しても◎ほかには、布団乾燥機を使うこと。コンパクトな布団乾燥機は、使わないときでも場所を取りません。50度以上の温度で布団を乾燥させるとダニを退治することができますよ。▼ダニ対策の方法についてはこちらの記事も合わせてチェック▼布団のダニ対策を万全に!効果的なダニ対策が知りたいコチラをチェック

■布団は適切なお手入れ方法で清潔感を保とう☆快適な睡眠にも繋がる

出典:photoAC

布団は毎日使うものです。清潔を保つためにも適切なお手入れ方法を取り入れましょう。また、布団選びも重要です。体に合ったお気に入りの布団が見つかると良いですね☆

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定