ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > 鎌田大地ゴール&EL決勝トーナメント進出も、長谷部誠「怒りがある」

鎌田大地ゴール&EL決勝トーナメント進出も、長谷部誠「怒りがある」

1

2019年12月13日 17:12  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 ヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ第6戦、ホームのフランクフルトはヴィトリア・ギマランイスに2−3で敗れたものの、決勝トーナメント進出を果たした。長谷部誠、鎌田大地はともにフル出場した。

 試合は終盤まで2−1でフランクフルトがリードしており、1位通過の可能性もあった。だが、85分、87分と連続で失点。アーセナルがリエージュと2−2で引き分けたため、どうにか2位で通過できた。フランクフルトは英語版ツイッターで「ありがとうアーセナル。君のおかげで落ちなかったよ」と、感謝。もしリエージュがアーセナルに勝利していたら、フランクフルトは決勝トーナメントに上がることはできなかった。

 長谷部は試合後、やりきれないといった表情だった。

「ほっとしたというよりも、悔しさとかよりも、結構、今日の試合は怒りがあるというのはありますね」

 決勝トーナメント進出の喜びはまったくなかった。

「もちろん、次に進めたというのはあるのですけど、自分たちが勝てば1位通過できたわけだし、試合運び、とくに今日の後半の戦い方ではなかなか勝てないなというゲームだった。前半は先制されて、相手のキーパーのミスとかもあったんですけど、よくひっくり返したと言えばひっくり返した。ただ、この戦い方では決勝トーナメントに行っても、勝つのはなかなか難しいと思いますけどね」

 鼻声の長谷部は、激しく咳き込みながら話した。先週末のヘルタ・ベルリン戦はフル出場しているが、実は約3週間前から風邪をひいており、「咳が長引くんですね、今年の風邪は」と言う。試合中は相当苦しかったのではないか。

 先制したのはヴィトリアだった。8分、自陣でボールを奪うと、カウンターから一気にゴールへ。フランクフルトの選手はボール奪取の際のファウルを主張したが認められなかった。

 フランクフルトは31分、ダニー・ダ・コスタの得点で追いつく。鎌田大地の蹴った右CKを相手がクリアしたボールを、後方にいたダ・コスタがヘディングで前方に送ると、これがそのままゴールに吸い込まれた。続く逆転弾は鎌田だった。38分、フィリップ・コスティッチの左クロスに走り込んだ鎌田が合わせた。

「手前が潰れてくれた。常にああいうゴールは狙っていますけど、今までやってきたからこそ今日も取れた。これを続けていけたらいいかなと思います」

 最終ラインが相手ボールを奪ってからの速攻だったが、ロングボールで前線を走らせるのではなく、鎌田ら中盤を経由してからの深い位置からのクロスを決めた。

「うちはコスティッチとかに早いタイミングでラフなボールを入れることが多いので、そうなると(スピードのない)僕はノーチャンス。得点したシーンのように、ラフではなくて、深い位置まで行ければ、僕自身、決められる確率もかなり上がると思う。基本的には僕がコスティッチにボールを出すことが多いので、あまりゴール前に入ることができていないんですけど、ああやってほかの選手が(コスティッチに)出せた場合は、僕自身も中に入っていけるので、より得点が増えていくのかなと思います」

 2−1で試合を折り返したが、後半、勢いを得たのはヴィトリアだった。フランクフルトは全体的に動きが減り、攻撃らしい攻撃を出せずにいた。長谷部が言う。

「サッカーではよく、リードすると受け身になったり、少しメンタルの部分で引いてしまう部分はあるんですけど、今日に関して言えば、まったく引く必要はなかったですし、もっと90分を通して(積極的に)いかなきゃいけなかった。後半に関しては全然(積極性が)出せなかったので、そういう意味では、最近は本当に安定してないというか、苦しい時間が続いているなと感じます」

 そして試合終盤、2失点して勝ち越されてしまった。

「正直、みんなが受け身になったなというのは感じていた。相手もいいチームだったけど、それにしてもフォワードの選手もなかなか動かないし、守備もやらないし、後ろから言ってやっと動くような感じで……。なによりも、今日はここで勝って、勢いをもって次に進むという強いメンタリティを出さなければいけなかった。それなのに後半、2−1でいいやという戦い方をしていた。あの戦い方をしていたらやられるなと感じていたので、それは言っていたんですけど、しっかりチーム全体としてプレーで表わせなかったなと思います」

 笛吹けど踊らず。最終ラインから見る前線の動きはとても歯がゆかったようだ。

 リーグ戦では11月2日にバイエルンに大勝したものの、その後3連敗。フランクフルトはけっして好調とは言えない。今季は7月のEL予選2回戦から公式戦が始まっており、正直なところ疲労困憊だろう。しかも、昨季の攻撃の主軸だったルカ・ヨヴィッチ(レアル・マドリード)、アンテ・レビッチ(ミラン)、セバスティアン・アレア(ウエストハム)が揃って抜けて、戦力ダウンは明らかだ。

 長谷部は苦戦の要因を「(選手の)クオリティもあると思います」と言い、鎌田も「チームとしてフォワードは機能していない」と認めている。むしろELで決勝トーナメント進出を果たし、リーグ戦でも11位と中位をキープしているのは健闘と言ってもいいはずだ。

このニュースに関するつぶやき

  • 相変わらずのキャプテンシー。今の日本代表には長谷部ほどのキャプテンシーを発揮してる選手が不在と言わざるを得ない。技術高い選手揃えるだけでは強いチームにはならないでしょ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定