ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > “アムロ”若井おさむ、現在の収入や近況語る

“アムロ”若井おさむ、現在の収入や近況語る

1

2019年12月13日 17:25  ナリナリドットコム

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
お笑い芸人の若井おさむ(46歳)が、12月12日に放送されたバラエティ番組「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」(毎日放送)に出演。現在の収入状況や近況を語った。

その他の大きな画像はこちら



番組はこの日、「かつてブレイクしたが 今や全く見ない芸人の生活は大丈夫なのか?」をテーマに放送。ガンダム“アムロ・レイ”ネタでブレイクし、一時は月収100万円を超えたこともあった若井が登場した。

東京・目黒区内、家賃9万5000円の“昭和の香り”漂う古いマンションで生活している若井。11年前に結婚して家庭を持ったが、6年連れ添ったのちに離婚、現在はひとり暮らしだという。

この日、自宅ロケに訪れたメッセンジャー黒田から、ブレイク期からなぜ落ちてしまったのかを聞かれた若井は、「同じことしか続けてなかったからですかね。ガンダムが好きで、アムロで行って。テレビにバッと出たときに、それ以上のことを何もできないので……」と、“アムロ・レイ”ネタ以外のことができなかったためと、自己分析した。

今年のテレビ出演は6回ほどで、ほとんと露出がない状態だが、現在は「細々と営業行かせてもらったり。なんとか生活してます」「営業だけですね、ほぼ」と語る。「先のことは全く考えてなくて、その日暮らしというか……毎日、一日一日生きられれば良いかな」と、46歳の今、将来の展望は全く見えていないという。

また、吉本興業からの給料は、月に「10〜20万円」程度だと告白。それ以外に、空いた時間はキックボクサーのトレーナーのアルバイト(時給1000円)をして生計を立てているそうだ。ただ、キックボクシングの経験はなく、トレーナーになったのも「ジムの会長と飲みの場で知り合い」、人手不足を補うために働かせてもらっているといい、特に何かの資格を持っているわけではないという。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20191257537.html


    あなたにおすすめ

    ニュース設定