ホーム > mixiニュース > 社会 > ふたご座流星群ピークへ

ふたご座流星群ピークへ 寒さ対策をして星に願いを

140

2019年12月13日 17:52  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真ふたご座流星群ピークへ 寒さ対策をして星に願いを
ふたご座流星群ピークへ 寒さ対策をして星に願いを

ふたご座流星群の活動は、15日(日)明け方に極大に。13日(金)も普段より多くの流れ星を見ることができるそうです。本格的な出現は、午後10時頃からです。



●ふたご座流星群の活動 極大に 広い範囲を見渡そう


ふたご座流星群の活動は、15日(日)午前4時頃に極大になると予想されています。今年は、明るい月が一晩中、空を照らしているため、観察の条件は良くありません。それでも、14日(土)夜は、ある程度の数の流れ星が観れると予想されます。13日(金)夜も、普段より多くの流れ星を見ることができるそうです。いずれの夜も、午後8時頃から流れ星が現れ始め、次第に数が多くなります。真夜中を過ぎた頃に最も多くなり、翌日の午前5時頃まで観察できるでしょう。流れ星の出現は、放射点(放射状に出現するように見える点)付近だけでなく、どちらの方向からも現れます。観察するときは、月を直接見ないようにし、なるべく空の広い範囲を見渡しましょう。


●13日(金)夜 流れ星 雲が多い地域でも観るチャンスあり


13日(金)夜は、寒気の影響で北海道や東北の日本海側は雪が降り、星空観察にはあいにくの天気でしょう。北海道や東北の太平洋側、北陸、関東、東海、近畿は、星空指数が低めの所でも、雲には隙間があり、流れ星を観るチャンスがありそうです。中国地方や四国、九州は大体晴れて、星空観察によい天気です。
14日(土)朝にかけて、この時期らしい冷え込みになり、内陸を中心に霜がおりるくらいでしょう。十分な寒さ対策をして、お楽しみください。


●14日(土)夜 冷たい北風 流れ星ピークの頃に星空広がる?


14日(土)は、北日本を寒冷前線が通過し、寒気が流れ込む見込みです。北海道、東北北部は夜にかけて雪や雨が降るでしょう。東北南部の日本海側や北陸、中国地方は、日中は天気は持ちますが、夜は雨が降る見込みです。星空観察にはあいにくの天気でしょう。
東北南部の太平洋側、東海、近畿、四国、九州も、夜は雲が広がりますが、日付が替わる頃から雲は少なくなる見込みです。ふたご座流星群が極大を迎える頃に、星空が広がる所が多いでしょう。関東は大体晴れて、星空観察によい天気になりそうです。
ただ、広く冷たい北風が吹き、強めに吹く所がある見込みです。風を通しにくい暖かい服装で、お楽しみください。


このニュースに関するつぶやき

  • 観たいけど、ねむい。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • ふたご座流星群はたくさん降ってくるから楽しみだなぁ^^
    • イイネ!21
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(42件)

あなたにおすすめ

ニュース設定