ホーム > mixiニュース > トレンド > JRダイヤ改正は2020年3月14日 第5回 JR東日本、中央線快速は終日快速運転 - 早朝・深夜の輸送体系変更

JRダイヤ改正は2020年3月14日 第5回 JR東日本、中央線快速は終日快速運転 - 早朝・深夜の輸送体系変更

21

2019年12月13日 19:42  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
JR東日本は13日、ダイヤ改正を2020年3月14日に実施すると発表した。中央・総武線各駅停車の駅でホームドアを順次設置予定であることを受け、中央線快速と中央・総武線各駅停車の早朝・深夜における輸送体系が変更される。

中央線快速(オレンジ帯の電車)は現在、早朝・深夜の御茶ノ水〜三鷹間で中央・総武線各駅停車の線路を使用し、同区間の各駅に停車している。ダイヤ改正後はこれを取りやめ、終日にわたり快速運転を実施。早朝・深夜における御茶ノ水〜三鷹間の所要時間が約8分短縮されるという。

深夜の帰宅時間帯に中央特快も新設。上りは大月駅22時9分発・東京駅23時44分着と高尾駅23時6分発・東京駅0時4分着、下りは東京駅23時45分発・高尾駅0時45分着の列車(いずれも平日の時刻)を新たに設定した。

中央・総武線各駅停車(黄色の帯の電車)はダイヤ改正後、早朝・深夜の列車で実施していた御茶ノ水駅での折返し運転を取りやめ、終日にわたって三鷹・中野〜津田沼・千葉間で運転。三鷹駅から立川方面への乗入れがなくなり、早朝に運転されていた立川駅・国分寺駅・武蔵小金井駅などを始発とする列車も変更となる。

ダイヤ改正後の中央線(快速・各駅停車)では、初電・終電付近の運転時刻などに変更が生じる。平日において、武蔵小金井駅を4時33分に発車する東京行の初電は現行の各駅停車から快速に変更され、東京駅までの所要時間が11分短縮される。高尾駅までの終電は現行の東京駅0時20分発の各駅停車から東京駅0時15分発の快速に変更。豊田駅までは東京駅0時25分発、武蔵小金井駅までは東京駅0時35分発の快速がそれぞれ終電となり、その後に三鷹行の各駅停車も運転される。

なお、中央・総武線各駅停車と相互直通運転を行う東京メトロ東西線も、2020年3月14日にダイヤ改正を行うと発表。一部列車で行先・運転時刻を変更するとのこと。(上新大介)

このニュースに関するつぶやき

  • ☆ 遂に、総武線各駅停車が中央線各駅停車に完全乗入か。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • こんな当たり前のことをやらず、なぜ今までこんな訳の分からないことしてるのか不可解。中央線は複々線区間も短いし、あとは高円寺・阿佐ヶ谷・西荻窪の杉並三駅の快速線ホームを撤去せよ!
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定