ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 伊東四朗 免許返納のきっかけ

免許返納のきっかけは? 伊東四朗「車への未練は全くない」

94

2019年12月14日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真伊東四朗さん (撮影/写真部・掛祥葉子)
伊東四朗さん (撮影/写真部・掛祥葉子)
 3年前の79歳のときに運転免許を自主返納した喜劇役者・伊東四朗さん。車好きだったにもかかわらず、なぜ免許を手放すことを決断できたのか。

【チェックしてみよう!】運転時認知障害早期発見チェックリスト30はこちら

*  *  *
 元々、大の車好きでしてね。モーターショーなんかは毎回行くくらいでした。国産車や外車、いろいろ乗っていましたよ。プライベートでの移動はもっぱら車。もちろん私の運転でね。でも、3年前に妻と一緒に運転免許を自主返納しました。私が79歳のときです。

 きっかけは75歳のとき、免許更新の際に受けた高齢者講習です。

 認知機能検査を受けたのですが、いきなりイラストなどが描かれている紙を見せられ、すぐさま隠される。時間がたってから何が描いてあったかを問われるものでした。健康状態には何も問題がないのに、突然試験される形にムカッときました。それに、これまで事故を起こしたこともなく、運転には自信がありました。

 それでも、71歳以上からはゴールド免許の有効期間が3年になると言われて、「ああ、私は高齢者なんだな」と気づかされたんです。自尊心を傷つけられましたが、数年たった今振り返ってみると、返納の判断は間違っていなかったように思います。

 運転をやめてからは、よく歩くようになりました。街中で走っている車に目をやると、高齢ドライバーをよく見かけます。どんな運転をしているのか観察していると、ブレーキのかけ方が怪しかったり、車間距離を詰めすぎていたり、流れに乗れていなかったり。自分はやめて正しかった、と実感します。

 今、1日に7千歩ほど歩くようにしています。最寄り駅の一つ前で降りて、1駅分歩くこともあります。これまでは玄関から車庫までくらいしか歩いていなかったから健康的でしょう。

 車がないことで、移動に不便を感じたこともありません。都会に住んでいることもあると思いますが、電車で十分なんです。運転していたころは、渋滞を考えて時間に余裕を持って出発すれば空いていたり、ギリギリに出たときに限って渋滞につかまったり。電車は時間どおりに来ますから、そういったイライラはなくなって、気持ちが楽ですよ。

 運転に自信があって、やめることに抵抗を持つ高齢者はたくさんいると思います。私もそうでした。ですが、足腰も弱れば、視野も狭くなります。以前は目の前の信号と先の信号を同時に見られていたのが、顔を向けないとわからなくなりました。若いころとは違います。自分のことは自分では意外とわからないものです。事故を起こしてからでは遅いですから、たとえば、年に1度、専門家に運転を見てもらうというような制度があるといいのではないでしょうか。

 不思議と、車への未練は全くないんです。自分で考えて返納したからでしょうね。もし今、自分が運転していたら? 怖くてブルってしまいますよ(笑)。

※週刊朝日  2019年12月20日号

このニュースに関するつぶやき

  • ☆免許返納のきっかけは? …とはいえ、公共交通機関が充実しとる都会在住者故に出来ることなんだよなぁ…。 田舎在住者だと、免許返納の必然性は理解出来ても、免許返納出来ない。 職場に通うのも買物に行くのも、現代人の大好きな(毒)自己責任故。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 都心部に住んでればクルマはいらんよね。 https://mixi.at/ajApl0l
    • イイネ!42
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(51件)

あなたにおすすめ

ニュース設定