ホーム > mixiニュース > トレンド > 【情報・通信業界編】仕事にやりがいを感じる企業1位は日本マイクロソフト「自分自身のやるべきことが明確なので打ち込みやすい」

【情報・通信業界編】仕事にやりがいを感じる企業1位は日本マイクロソフト「自分自身のやるべきことが明確なので打ち込みやすい」

0

2019年12月14日 16:00  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

企業口コミサイト「キャリコネ」は11月中旬、「情報・通信業界の仕事にやりがいを感じる企業ランキング」を発表した。情報・通信業界に属する企業をピックアップし、キャリコネのユーザーによる「仕事のやりがい」評価の平均値が高い順にランキングにした。【参照元:キャリコネ】

調査対象は、『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)のソフトウェア」「クラウドサービス」「通信キャリア」「ポータル・ネット広告」「格安スマホ、格安SIM」「SNS・無料通信」「携帯向けコンテンツ」「ITサービス」に記載があり、対象期間中に「キャリコネ」に20件以上評価が寄せられた企業。対象期間は、2015年4月〜2018年3月。

1位は「日本マイクロソフト」で、仕事のやりがい評価は5点中4.14。2位以降、「グーグル」(4.13)、「Apple Japan」(3.83)、「サイバーエージェント」(3.77)、「ワークスアプリケーションズ」「オービック」(同3.58)、「NTTドコモ」(3.51)、「野村総合研究所」(3.44)、「エヌ・ティ・ティ・データ」(3.43)、「ヤフー」(3.42)と続く。

日本マイクロソフト「仕組みがしっかりしているので相応の報酬を得られるのも魅力」

1位「日本マイクロソフト」のやりがいについては、

「自分自身のやるべきことが明確なので打ち込みやすい。裁量も含めて、与えられるものが大きいため、仕事のやりがいはある。チームメンバーも優秀な人が多く、刺激がうけられる。また結果と報酬という観点でも、仕組みがしっかりしているので相応の報酬を得られるのも魅力」(法人営業/30代後半男性/年収1000万円/2016年度)

といった口コミが寄せられている。同社は、2011年の日本法人設立 25 周年を機に都内オフィスを統合し、品川に本社を移転。社員が働きやすい環境づくりに加え、ビジネス面での成長も念頭に置き、AIを駆使した「生産性の高い働き方改革」を推進中だ。

2011年の本社移転時からテレワークを積極的に推進しており、2015年には厚生労働大臣表彰「輝くテレワーク賞」優秀賞を受賞。2016年からは本格的にテレワーク勤務制度を導入し、就業規則による働く場所やテレワークの回数の制限を撤廃した。また、始業や終業の時刻に関する規定も撤廃し、コアタイムなしのフレックスタイム制度に変更された。その結果、柔軟な働き方が可能になり、2011年からの5年で女性の離職率は4割減少。ワークライフバランスについての社員満足度も4割上昇した。

また2019年は、通常の有給休暇に加えて新たに5日分の休暇を付与し、「夏季限定で週休3日制を導入する」と発表。単に休暇取得を奨励するのではなく、各社員の働き方に合わせ、テレワークを利用しながら「働く」と「休む」を自ら選択できる「ワーク・ライフ・チョイス」を通して、社員の生産性や創造性の向上を目指す狙いだ。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定