ホーム > mixiニュース > コラム > 「人間のクズ」と店長戦慄! 万引きGメンに捕まった少女、その両親の恐るべき“復讐”とは

「人間のクズ」と店長戦慄! 万引きGメンに捕まった少女、その両親の恐るべき“復讐”とは

19

2019年12月14日 19:03  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真写真

 こんにちは、保安員の澄江です。

 普段は、生鮮市場やスーパーマーケット、ショッピングモールなど、食品をメインに扱う現場を中心に担当している私ですが、少し前に大きな家具屋さんでの勤務を経験しました。家具屋さんといっても、ずいぶんと現代的な造りをした店舗で、おしゃれな雑貨から珍しい輸入食品まで、家具以外にも幅広い商品を多数扱う地元の人気店です。週末や祝祭日は、周辺道路が渋滞するほどの盛況ぶりで、その混雑に乗じた犯行が横行しているとのこと。いままで付き合っていた保安会社が誤認事故を起こしたことを理由に、契約を弊社に切り替えていただいたそうで、手の抜けない週末になる気配を感じます。40代前半と思しきLiLicoさん似の女性店長に入店の挨拶を済ませて、この店の被害状況を尋ねると、にこやかにプレッシャーをかけられました。

「年間の被害で300万くらいです。たくさんいると思いますけど、間違いだけは起こさないでくださいね」

 大物家具のショールームである2階に、万引きされるようなものは見当たらないので、1階の売場を中心に巡回することとします。店内の状況を把握するべく、広大な売場を見て回ると、雑貨や小物家具をはじめ、食器、菓子、文具、ワイン、化粧品など、比較的高価で魅力的な商品が溢れていました。なくても困らない贅沢品を好む傾向のある万引き犯からすれば、格好の獲物と言える商品ばかりで、なにを盗まれてもおかしくない感じがします。店員さんの姿もまばらなため、やる気になればなんでも盗れる状況にあると言っても過言ではなく、その被害は想像以上に多いと感じられました。中抜きされたらしい商品の空き箱や除去された防犯タグなど、被害の痕跡も多数放置されており、被害者である店側の防犯意識は低そうです。

(ここは、確かにやられているわね。広い店だから、油断しないようにしないと……)

 たくさんの常習者を抱える店舗に入ると、嫌な予感がするもので、どこか落ち着かない気持ちにさせられます。おそらくは長年の経験によるものと思われますが、お店の持つ雰囲気や構造、扱う商品、土地柄などから、見えない情報が伝わってくるのです。

 嫌な予感ほどよく当たるもので、この日は前半の勤務だけでも、2件の見送りがありました。現認のタイミングが合わず、犯意成立要件の一部が欠けてしまい、声をかけるまでに至らなかったのです。短時間の内に失敗を繰り返したことで、自分の存在意義がないような気持ちになってしまい、どうにもならないくらいにイラついて心が落ち着きません。お昼休憩をいただくことで、冷静さを取り戻し、後半の勤務に臨んだ私は、不審者の目星をつけるべく、入店してくるお客さんの様子を眺めることから業務を再開します。

(あまり、いい子には見えないわね……)

 そうしてまもなく、一見して中学生くらいに見える女の子が、店に入ってくるのが目につきました。中学生が1人でくるようなタイプの店ではありませんが、周囲を確認してみても保護者らしき人の姿は見あたりません。キティちゃんのプリントが入った派手なスウェットを上下に着込んで、パステルカラーの大きなスポーツバッグを斜めがけした彼女の姿は、高級感あふれる店内で異彩を放っています。その違和感から行動を見守ることにすると、腰元にあったスポーツバッグをおなかの方にずらした彼女は、チャックを全開にして、輸入物の高級調理器具が並ぶ売場に入っていきます。近くにある商品棚の陰に潜んで、棚の隙間から彼女の行動を覗きみれば、色違いのスウェット上下に身を包んだ30代後半と思しきカップルと言葉を交わしているように見えました。それからまもなくして、カップルは売場を離れていきましたが、1人残された彼女は動こうとしません。

(なにか、おかしいわね。顔見知りなのかしら)

 そのまま行動を見守っていると、子どもらしからぬ悪い目で周囲の様子を窺った彼女は、1本の高級包丁を手にしました。プラケースに貼られた防犯シールを、人差し指の爪で剥がしているようで、爪から発せられるガリガリという音が広い店内にこだましています。どこで教わったのか、剥がし終えたシールは別の商品に貼りつける悪質さで、我が目を疑う気持ちにさせられました。防犯シールの除去を終えた高級包丁を、素早くバッグに隠した彼女は、次に小さなフライパンを手にしました。それも同様の手口でバッグに隠すと、さらに続けて小鍋やトングなど、いくつかの商品を隠していきます。防犯機器を手際よく除去して、臆することなく大胆に商品を隠していく彼女の様子に、常習性を感じたのは言うまでもありません。バッグのチャックを閉めて歩き始めた彼女の後を追うと、迷うことなく化粧品売場に入っていきます。

(あ! また、いる……)

 化粧品売場に目をやると、彼女のほかに、あのカップルの姿もありました。近づける雰囲気ではないので、遠目から注意深く観察すれば、それとなく彼女に近づいて、なにやら呟いているように見えます。一連のことが偶然のこととは思えず、なにをするでもなく早々と売場を離れていく2人の行き先も気になりますが、現認の取れている彼女から目を離すわけにもいきません。

 その場に止まって彼女の動向を見守っていると、再度バッグのチャックを開いた彼女は、棚取りした箱入りの化粧水を中抜きしてバッグに隠しました。空き箱は潰して、棚の隙間にねじ込んでいます。それに続けて、乳液や口紅、アイシャドー、ファンデーションなどを手にした彼女は、同様の手口で全てをバッグに隠しました。

(今日は、ここまでかな)

 重みの増したバッグのチャックを閉めて、足早に歩き始めた彼女は、レジを通ることなく店の出口を通過しました。バッグのひもを掴んで彼女を呼び止めると、店内で見かけたカップルが、ママチャリに乗って駆けつけます。

「おい。ウチの娘に、何をしているんだ。その手を離せ!」

 どことなくパンチ佐藤さんに似ている男の、どこか偉そうに聞こえる独特のしゃべり方が耳に障ります。

「あら、こちらのご両親でしたか。お店の者ですけど、このバッグの中に、お支払いただかないといけないものがたくさん入ってるので、事務所まで一緒に来ていただけますか?」

 少し嫌味っぽく言うと、どこか不良っぽい、朝青龍に似た顔をした母親が、彼女を睨みつけて言いました。

「ええっつ!? あんた、本当なの?」

 黙って頷く彼女でしたが、目撃した状況と盗んだ商品から察するに、彼らが指示を出して盗ませたに違いありません。全ての罪を子どもになすりつける悪質な姿勢は、親どころか人として許せないレベルで、こんな人間を親に持つ彼女が可哀想に思えました。

「よく言って聞かせますし、買い取らせていただきますので、今回だけは勘弁してもらえませんか」

 言い慣れたセリフを言うように、まるで気持ちのこもっていない口調で許しを乞う母親を無視した私は、「大丈夫だから」と宥めながら、嫌がる一家を事務所まで連れて行きます。事務所の扉を開くと、彼らの顔を見た店長が慌てた様子で駆け寄ってきました。

「いつも、ご迷惑をおかけしております。また、迷惑駐車でしょうか?」
「いや、その……」
「なにか支障がございましたら、すぐに警備員を……」
「いや、今日は、大丈夫なんだけど……」

 どうやら店長の顔見知りらしく、なにかを勘違いされているようなので、私の口から状況を説明します。すると、店長は途端に態度を急変させ、思いのほか乱暴な口調で言いました。

「いままで散々クレームをつけてきたうえに、商品まで盗んでいくなんて、あんまりじゃないのよ」
「まだ小学校を卒業したばかりの子どもがやったことだし、全部買い取るから、それでお願いしますよ。いつも迷惑してるのは、こっちの方なんだし、お互い様でしょ?」
「はあ? いくらお隣で、ご迷惑をかけているとはいえ、それとこれとは話が別よ。子どもだけの話かどうか、警察を呼んで調べてもらいますね」
「ああ、呼べよ。そこまでするなら、おれも考えるよ」

 固定電話の受話器を上げ、その場で通報を始めた店長の横で、母親が言いました。

「お隣同士、お互い様なんだから、今日のところは勘弁してもらえませんかねえ。ご近所だから、こんなことで揉めても、ろくなことないわよ」
「申し訳ないけど、ご近所だからこそ許せません。このお店には、二度と立ち入らないでくださいね」

 この日の被害は、計11点、合計で2万6,000円ほどとなりました。隣人の圧力に屈することなく被害届を出した店長でしたが、駆けつけた所轄の警察官が防犯カメラの映像を確認した結果、両親が犯行に加担した証拠となるような映像がなく、共犯関係の立証は叶いません。被疑者である娘さんも、まだ13歳なので罪に問われることはなく、虐待の恐れありという注意をつけられたうえで、児童相談所に通報されていました。結局、誰ひとり罰を受けることなく、事件は終結。捕らえた被疑者に、罰を与えることを目的に仕事をしているわけではありませんが、どこか釈然としない気持ちになったことは否めません。

 その後、出入禁止となった一家が店に来ることはなくなりましたが、その代わりなのか、迷惑駐車や店舗周辺道路の渋滞に関するクレーム電話が頻繁に入るようになりました。そのうちの何度かは110番に通報され、その度に警察官から指導を受けているようです。

「あの人たち、ウチの駐車場も、好き勝手に使ってるのよ。犬の散歩までして、ウンチも片付けないの。ほんと、人間のクズよね……」

 憎まれっ子、世に憚る。

 気の強い店長が頭を抱える姿を見て、向こうの方が一枚上手だと、言い知れぬ敗北感を味わった次第です。
(文=澄江、監修=伊東ゆう)

このニュースに関するつぶやき

  • 子供は保護されてないんだろうな…
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • こういう人というのは、こんなことをして楽しいんだろうか?これが楽しいというならば、本当に悲しい人たちだ。人は人を苦しめるためにあるのではなく、楽しませたり、なごませたり、なぐさめるもの
    • イイネ!21
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(14件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定