ホーム > mixiニュース > トレンド > 令和元年「ラーメン大賞」発表!ラーメン官僚が選んだ絶対食べるべき旨い8杯【関東・東北】

令和元年「ラーメン大賞」発表!ラーメン官僚が選んだ絶対食べるべき旨い8杯【関東・東北】

5

2019年12月15日 11:00  じゃらんニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

じゃらんニュース

写真写真

今や日本人の国民食ともいえるラーメン!今回は著名なラーメンマニアとして知られるラーメン官僚の田中氏がおすすめする「ラーメン大賞」を発表!

スパイシーで刺激的な味が好きな人におすすめのシビ辛ラーメン部門、淡麗系のあっさりラーメン部門、がっつり煮干しやこってり味噌の濃厚ラーメン部門の味別にもベストラーメンを東北と関東から選んでもらいました。

寒い冬はアツアツのラーメンが一層美味しい時期!忘年会帰りや新年会の帰り道の締めラーメンとしても、今食べるべき旨いラーメン、ぜひ食べに行ってみてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

目次

発表!ベストラーメン大賞2019
発表!シビ辛ラーメン部門
発表!あっさりラーメン部門
発表!濃厚ラーメン部門
ラーメン官僚に質問!


発表!ベストラーメン大賞2019

食たん(たんは、火に段)もみじ 特製中華そば 1050円【埼玉県久喜市】

食?もみじ
出展:じゃらんニュース
[味]醤油 [麺]中太・ストレート [汁]比内地鶏、昆布、いりこなど [油]鶏油。和でまとめたスープはぐいぐい飲み干せる完成度。産地銘柄にこだわったチャーシューは国産ロース、もみじを模した昆布をのせるなど盛り付けも美しい。
食たんもみじ
出展:じゃらんニュース
奥さんの実家に近いこの地で開業。店名の『もみじ』は意外にもご主人・紅葉さんの名字から

食たんもみじ
出展:じゃらんニュース

食たんもみじ
出展:じゃらんニュース

食たんもみじ
出展:じゃらんニュース
明確な個性を演出できる力量の高さは大賞に値すると思います」とラーメン官僚
食たんもみじ
出展:じゃらんニュース
<こちらも要Check!>つけそば 800円。国産小麦「はるゆたか」「きたほなみ」に全粒粉を加えた自家製麺。海苔のだし汁が隠し味。
食たんもみじ
出展:じゃらんニュース
店内は広々。女性同士や家族連れでも臆せず入れそうな雰囲気がいい
食たんもみじ
出展:じゃらんニュース
のどかな郊外に忽然と。最寄り駅からも距離があるので車がおすすめ

都内の有名店で腕を振るった店主が6月にオープン。ラーメン店らしくない田園風景の中の一軒家で、試行錯誤した理想の一杯を提供している。行列はできるが駐車場も席数も多いのが◎。

<ラーメン官僚より一言!>
「すご腕店主が作る一杯は作オリジナリティの塊!」
都内の有名店『麺屋武蔵』グループで修業を重ねたすご腕の店主。特筆すべきはスープ。煮干しと地鶏とが真っ向からせめぎ合うことにより重層的なうま味を実現。タレとのバランスも良好で、食べ手を選ばない仕上がりに。新店でありながら、こだわりの自家製麺を用いている点も高評価に値します。

■食たんもみじ
[TEL]0480-24-6060
[住所]埼玉県久喜市樋ノ口584-4
[営業時間]11時〜15時
[定休日]火(祝日の場合、翌日代休)
[アクセス]東北道久喜ICより5分
[駐車場]17台
「食たんもみじ」の詳細はこちら

さんくるげ 塩らぁ麺 680円【福島県田村市】

さんくるげ
出展:じゃらんニュース
[味]塩 [麺]平打ち・ちぢれ手もみ [汁]鶏、真鯛、牡蠣、牛骨など [油]香味油。透き通ったスープと平打ち麺が抜群の相性。ハーブなどでマリネしてひと手間かけたチャーシューにも、しっかりと味が付いている。
さんくるげ
出展:じゃらんニュース
店主の佐藤さん「朝7時から営業しているのは並ばずゆっくり食べてほしいから」
さんくるげ
出展:じゃらんニュース
ミュージシャンとしての活動経験も。感性をフル稼働して日々進化中
さんくるげ
出展:じゃらんニュース
ラーメンによって変わる麺は自家製。毎朝3時起きで仕込んでいる
さんくるげ
出展:じゃらんニュース
牛骨入りのぷるぷるスープ。コラーゲンたっぷりでお肌に良さそう
さんくるげ
出展:じゃらんニュース
<こちらも要Check!>たんたん麺 750円。『鳴龍』の味を踏襲しつつ、地元特産のエゴマを加えるなど地域性も。深い味わいが特徴。
さんくるげ
出展:じゃらんニュース
カウンターと小上がり。ネタケースの中に丼がズラリ
さんくるげ
出展:じゃらんニュース
店舗は佐藤さんのお父さんがやっていた寿司店を改装

4月オープンの新店。店主はミシュランスター店『鳴龍』出身で、地元の田村市に店を構えた。メニューは塩、生醤油、たんたん麺。営業は朝7時からで、早朝から開店を待ち構える人も。

<ラーメン官僚より一言!>
「一級線のラーメンが持つ独特のオーラにひれ伏す」
名店での経験を活かしつつも、修業先とまったく異なる味を作り上げた店主の力量に感服。牡蠣や牛骨などからバランス良くうま味をとったスープは、今年の全国の新店の中でも1、2を争います。盛り付けの美しさ、スープと油の塩梅、麺の泳がせ方など、ただ美味しいだけではないオーラを感じます。

■さんくるげ
[TEL]0247-78-2552
[住所]福島県田村市滝根町神俣梵天川52
[営業時間]7時〜14時
[定休日]木・金
[アクセス]【電車】JR磐越東線神俣駅より徒歩2分 【車】東北道郡山ICより1時間
[駐車場]5台
「さんくるげ」の詳細はこちら

発表!シビ辛ラーメン部門

ヒノブタセカンド フュージョン 800円【埼玉県越谷市】

ヒノブタセカンド
出展:じゃらんニュース
[味]醤油 [麺]極太・ちぢれ[汁]豚骨 [油]ねぎ油。二郎系×蒙古系が5:5のテイスト。その日の朝、店で打つ極太の麺は量も250gとボリューム満点。チャーシューも塊肉で食べ応え十分。
ヒノブタセカンド
出展:じゃらんニュース
「フュージョン」の生みの親、店長の鈴木さん

ヒノブタセカンド
出展:じゃらんニュース

ヒノブタセカンド
出展:じゃらんニュース
富士丸リスペクトのくたくた野菜と自家製麺が相性バツグン
ヒノブタセカンド
出展:じゃらんニュース
生卵50円と味付きの別皿アブラ50円につけながら食べるのもおすすめ。アブラはそのままでもイケるうまさ
ヒノブタセカンド
出展:じゃらんニュース
明るくて開放的な店内。「意外にも女性客が多い」のも納得!

ヒノブタセカンド
出展:じゃらんニュース

埼玉を中心に展開する『火の豚』の系列店。デカ盛の二郎(富士丸)系と、旨辛の蒙古系をひとつの丼で再現した「フュージョン」が看板メニュー。

<ラーメン官僚より一言!>
「富士丸系×旨辛蒙古系のコラボは最強のひと言」
スープと麺は、G系(ガッツリ系)ラーメンの中でも特に高い人気を誇る店『富士丸』のオマージュ。引きの強い甘み&うま味がヤミツキになる豚ベースのスープ、太縄のような硬麺、たっぷりの辛旨の餡。丼の上で再現された、人気店同士のコラボは最強というほかありません。

■ヒノブタセカンド
[TEL]非公開
[住所]埼玉県越谷市南越谷4-8-6
[営業時間]11時30分〜15時、18時〜22時
[定休日]火
[アクセス]【電車】JR武蔵野線南越谷駅、東武伊勢崎線新越谷駅より徒歩2分 【車】外環道草加ICより15分
[駐車場]なし

麺屋 熊胆 担々麺 830円【宮城県仙台市】

麺屋 熊胆
出展:じゃらんニュース
[味]担々麺 [麺]中細・ストレート [汁]鶏ガラ、煮干し、豚ガラ [油]ラー油。白胡麻ベースに八角やシナモンが香り、肉味噌が溶け出すと甘みが増す。花椒の心地よい痺れがたまらない。辛さは3段階あるが初心者は2辛まで。
麺屋 熊胆
出展:じゃらんニュース
店主の熊谷さん。求める味を今も試行錯誤している研究者気質!?
麺屋 熊胆
出展:じゃらんニュース
仙台では貴重なシビ辛の店。担々麺は汁なしも用意している

麺屋 熊胆
出展:じゃらんニュース

店主は元薬剤師という異色の経歴。店名も生薬の名前に由来する。3種の自家製麺とスープはこだわりが満載!他に醤油とつけ麺もある。

<ラーメン官僚より一言!>
「香辛料に関する豊富な知識が生んだ絶品担々麺」
ラーメンを愛するあまり、ラーメン職人へと転身した店主。香辛料の知識を存分に活かし、中国山椒(花椒)の痺れる辛みを効果的に打ち出しています。胡麻の使い方も非常に巧みで、うま味を明確に主張しながらも決して飽きが来ない、絶妙な飲み口のスープに仕上げています。

■麺屋 熊胆
[TEL]022-341-7994
[住所]宮城県仙台市青葉区小松島4-15-26
[営業時間]11時30分〜14時30分、17時30分〜20時
[定休日]月
[アクセス]【電車】JR仙山線東照宮駅より徒歩10分 【車】東北道仙台宮城ICより20分
[駐車場]3台


発表!あっさりラーメン部門

入鹿TOKYO 柚子塩らぁ麺 800円【東京都東久留米市】

入鹿TOKYO
出展:じゃらんニュース
[味]塩 [麺]細・ストレート [汁]名古屋コーチン、大山どり [油]鶏油。全粒粉が練りこまれた麺と爽やかな柚子トッピングが印象的。真空低温調理の自家製チャーシューもしっとり柔らか。
入鹿TOKYO
出展:じゃらんニュース
『ラーメンを作れる職人さんは沢山いるけれど、時代をつくれるのは俺だけだ。』
入鹿TOKYO
出展:じゃらんニュース
「場所は自分が選んだのではなく選ばれた(笑)」という東久留米駅チカ

入鹿TOKYO
出展:じゃらんニュース

暖簾の上の「IRUCA」の文字が目を引く店の主人は、複数の名店で修業を積んだ小川さん。自負するのは素材へのこだわり。ポルチーニ醤油らぁ麺もあり。

<ラーメン官僚より一言!>
「厳選塩とふくよかな風味。名古屋コーチンの存在感!」
重厚なコクと分厚いうま味を兼ね備えた名古屋コーチンが、丸ごと一羽口の中へと飛び込んできたかのようなスープ。あとからアゴの豊潤な香りが鼻腔を刺激し、貝のコハク酸のうま味が味覚中枢の真ん中を撃ち抜きます。口にする度に異なる素材が顔を出し、飲み飽きません。

■入鹿TOKYO
[TEL]042-470-8082
[住所]東京都東久留米市本町1-4-28
[営業時間]11時〜15時、18時〜21時(日曜夜は休み)
[定休日]月(祝日の場合営業)
[アクセス]【電車】西武池袋線東久留米駅より徒歩2分 【車】外環道和光ICより20分
[駐車場]なし
「入鹿TOKYO」の詳細はこちら

自家製麺うろた 醤油の純鶏ソバ 800円【福島県福島市】

自家製麺うろた
出展:じゃらんニュース
[味]醤油 [麺]細・ストレート [汁]川俣シャモ、会津地鶏、伊達鶏など [油]鶏油。力強い鶏のスープ、豚肩バラロール、モモ肉の2種の炭火焼チャーシュー、そして姫タケノコ。隅から隅まで手が込んだ、進化を続ける究極のあっさりラーメン。
自家製麺うろた
出展:じゃらんニュース
東北では超有名店だが、江南オーナーのもと今も改良を重ねる日々

自家製麺うろた
出展:じゃらんニュース

自家製麺うろた
出展:じゃらんニュース
木のぬくもりいっぱい。アメリカンカジュアルな雰囲気

自家製麺うろた
出展:じゃらんニュース

福島市の人気店『えなみ』の3号店。現状維持せず味も盛り付けもどんどん進化させているのが特徴。作れるものは基本自家製で。限定メニューもお楽しみ。

<ラーメン官僚より一言!>
「スープは水と鶏だけ!店主の進取の精神が見事」
店主の「面白そうな要素はどんどん採り入れていこう」という精神が、どのメニューにも色濃く反映。例えば『醤油の純鶏ソバ』で用いている水&鶏の清湯のスープ。同店の開業当初、全国でも数軒程度の店にしか存在していなかったこのスープの魅力を、東北エリアに広く知らしめた功績は大。

■自家製麺うろた
[TEL]024-572-3383
[住所]福島県福島市新町3-14
[営業時間]11時〜14時30分、17時30分〜21時(LO各10分前)
[定休日]水
[アクセス]【電車】東北新幹線福島駅より徒歩10分 【車】東北道福島西ICより15分
[駐車場]なし
「自家製麺うろた」の詳細はこちら

発表!濃厚ラーメン部門

煮干し中華蕎麦 山崎 濃厚煮干し中華蕎麦 880円【栃木県小山市】

煮干し中華蕎麦 山崎
出展:じゃらんニュース
[味]醤油 [麺]中細・ストレート [汁]ヒラゴ、ウルメなど [油]煮干し油。煮干しをギュッと濃縮したようなスープが特注の麺にからみまくる。チャーシューは豚と鶏の2種。特製の「にぼ酢」で味変するもよし。
煮干し中華蕎麦 山崎
出展:じゃらんニュース
帽子がトレードマークの店主・山崎さんはイタリアン出身
煮干し中華蕎麦 山崎
出展:じゃらんニュース
<こちらも要Check!>生和え玉(生卵付き) 250円。通常のラーメンと同じ麺量でコスパ抜群。卵ですき焼き風に。単品注文は不可
煮干し中華蕎麦 山崎
出展:じゃらんニュース
小山駅東通りの屋台村の一角だが、通りに面しているのでわかりやすい
煮干し中華蕎麦 山崎
出展:じゃらんニュース
6席のみなので行列は覚悟

都内などを食べ歩いた店主が、独学でたどり着いた味。どの素材にも手を抜かず丁寧に仕事を施すことで、一杯の丼の中で完結する味を目指す。

<ラーメン官僚より一言!>
「煮干しの清冽なうま味と名門製麺所の麺が好相性」
煮干しスープは濃厚さに注意が向くとエグ味や苦みが漏出しがちですが、こちらは清冽なうま味のみを抽出し、余韻の残るスープ作りに成功。麺は名門製麺所「菅野製麺」のパツンとした啜り心地の良いストレート。スープのみならず麺のクオリティもハイレベルです。

■煮干し中華蕎麦 山崎
[TEL]非公開
[住所]栃木県小山市駅東通り2-34-9
[営業時間]11時〜14時30分
[定休日]月
[アクセス]【電車】JR東北本線小山駅より徒歩6分 【車】東北道佐野藤岡ICより25分
[駐車場]16台
「煮干し中華蕎麦 山崎」の詳細はこちら

拉麺ひなた 味噌ラーメン 780円【山形県東根市】

拉麺ひなた
出展:じゃらんニュース
[味]味噌 [麺]中太・ちぢれ [汁]豚骨、鶏ガラ [油]ラード。濃厚な味噌に合わせるのは、北海道から空輸する麺と丁寧にとった透明なスープ。味噌と相性抜群の生姜がこんもり多めに入っているのが特徴。
拉麺ひなた
出展:じゃらんニュース
札幌で7年半、富山で3年という修業経験を持つ店主の斉藤さん

拉麺ひなた
出展:じゃらんニュース

拉麺ひなた
出展:じゃらんニュース
間もなくオープンから1年。座席も駐車場もたっぷり確保

拉麺ひなた
出展:じゃらんニュース

店主が10年以上の修業を経て地元に開いた本場札幌味噌ラーメンの店。ラードが表面を覆い尽くし湯気すら立たないが、中は猫舌注意のアツアツ。

<ラーメン官僚より一言!>
「ご当地の味噌シーンに颯爽と現れたニューカマー」
札幌の有名店『すみれ』の系譜に連なる新進気鋭。ラードとニンニクがガッツリ効いた濃厚スープは、古くからご当地麺として根付いているサラリとした赤湯系辛味噌ラーメンとはまったく異なる趣。このお店の誕生が地元のラーメンシーンにもたらす化学反応も楽しみです。

■拉麺ひなた
[TEL]0237-48-3010
[住所]山形県東根市神町西5-1-28
[営業時間]11時〜14時30分、17時30分〜20時30分
[定休日]木
[アクセス]【電車】JR奥羽本線神町駅より徒歩15分 【車】東北中央道東根ICより7分
[駐車場]10台

ラーメン官僚 田中一明さんに質問!

ラーメンにハマったきっかけは?
その美味しさに目覚めたのは中学時代で、本格的にハマったのは大学生の時。当時、板橋の環七沿いにあった『土佐っ子』という店の味に魅了されたのが始まりです。

1日に最大何杯食べられるものなの?
平日は仕事もあるので本格的な食べ歩きは主に休日。1日5杯、多ければ7〜8杯かな。ちなみに1杯の麺の量は、西に行くほど少なくなる傾向があるんですよ。

ラーメン以外も食べますか?普段の食生活は?
職場の宴会など、よほどの事情がない限り食事はラーメンだけ。よく健康状態を心配されますが、食べない方が調子悪いんです(笑)。

ずばり、うまいラーメン店の見極め方とは?
●ポイントはココ!
写真だけでピンと来ることもありますが、やはり洗練された外観や内装の店は味も洗練されていることが多い。また、そこで何十年と店を構え続けている老舗は、それだけで価値がありますよね。
●メンマに注目!
丁寧に水で戻すときれいな角ができる。直角のメンマ=真摯に味と向き合っている店と言えます。
●スープ表面の油に注目!
美味しさを左右するのが仕上げの油。表面に小さめの粒状の油が浮いていれば適量の証拠です。

プロフィール

田中一明さん
出展:じゃらんニュース

1972年生まれ、兵庫県出身。通称「ラーメン官僚」。毎年700〜800杯のラーメンを13年間食べ続けており、実食杯数は1万5000杯以上に及ぶ。「アウトプットは、着実なインプットの土台があってこそ説得力を持つ」という信条のもと、ラーメンの新店を次々と訪ねる、「コレクター型」の「超ラーメンフリーク」。

※この記事は2019年12月時点での情報です

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • この中では福島の鶏そばがいいです。
    • イイネ!17
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定